【近況報告】頭と心の整理でいっぱいだよ(7.19)

【手順】レンタルサーバー「XREA」でWordPressをダウンロードしよう!

XREAでWordpressはじめるよ!
サイト運営趣味
スポンサーリンク

当サイトは、レンタルサーバー「XREA」と「バリュードメイン」で開設しました。

サーバー契約とか初めての私は、設定に自信がなかったのだけど、意外とスムーズに作業できました。その流れをまとめています。

この2つのサービスを扱う記事がそれほど多くない印象を受けたので、これからサイト・ブログ運営を考えているへの参考書(薄いな)、また健忘録になれば。

当記事で扱う手順は以下。

  • 手順1
    ドメインとサーバーを紐付け
  • 手順2
    WordPressのインストールを準備
  • 手順3
    WordPressのインストールをする

基本的に「ドメイン・サーバーとの契約が済んだ状態」を想定しています。

それではどうぞ。

事前準備(XREA)

ドメイン取得、利用サーバーの契約が済んでいる状態からスタートします。

ドメイン取得の詳細はコチラ
Value Domain(バリュードメイン)|ドメインと変える、サイトの価値。
Value Domain(バリュードメイン)は、ドメイン登録実績600万件を誇る国内最大級のドメイン取得・管理サービスです。また、高速・高機能なレンタルサーバーや、SSLサーバー証明書なども提供する「ドメイン・ホスティング総合サービス」です。
レンタルサーバーの詳細はコチラ
無料から使える高機能・高品質レンタルサーバー | XREA(エクスリア)
XREA(エクスリア)はユーザー側で自由に設定をカスタマイズできる、高機能なレンタルサーバーです。最新のCPUとSSD搭載で高速化を実現、また、安定したサイト運営が可能です。ワンランク上のWeb、Blog、商材サイトを目指す方におすすめします。

XREAに登録した際の受信メール「XREA本登録完了のお知らせ」などを確認して、割り当てられたサーバー(****.xrea.com)を控えておく。


XREA管理画面からも確認できます。ログインしている状態であれば、「契約情報」の「サーバーアカウント情報」から見れます。

契約情報確認のイメージ
ひよさん
ひよさん

これで事前準備はオッケー!作業を進めましょう

バリュードメインの設定

バリュードメインにログインし、いくつか設定を行います。

ドメインの設定操作①

ドメイン →「ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」を選択。

アイコン一覧を確認し、ネームサーバーを選択。


変更画面が表示されるので「当サービス内のネームサーバーを使用する」を選択、保存する。

ネームサーバーが勝手に入力されるので、再度「保存する」を選択。


「正常に変更された」と表示されたら、設定OK。

ドメインの設定操作②

バリュードメイン管理画面に戻ります。

ドメイン→「ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」を選択。

アイコン一覧を確認し、DNS/URLを選択。


プルダウンから、事前確認したXREAサーバー名(****xrea.com)を探して、選択。


保存して「正常に変更されました」のメッセージが出たら、設定OK。

XREAの設定手順

次は、レンタルサーバーの管理画面にログインします。

ドメイン設定の新規作成

管理画面左側「ドメイン」⇒「ドメイン設定の新規作成」を選択。


取得してあるドメインを入力します。

ドメイン設定の新規設定のイメージ
ドメイン設定の新規設定のイメージ2

ドメイン設定を新規作成する」を押す。


正常に作成できれば、設定OK。

ドメイン設定の新規設定完了イメージ

作成に失敗しました。と表示される

設定の反映まで、時間がかかっているのかもしれません。

コーヒーでも飲んでひと息ついてから、この手順をやってみてください。

ひといき

サイトの新規作成

XREA管理画面「サイトの新規作成」をクリック。


サイト設定の新規作成イメージ

取得したドメイン名が自動表示されているはずなので、それを選択。下の各項目は後で変更できるため、そのままでも問題ありません。


サイト設定を新規設定する」を選択。


サイト設定の新規設定のイメージ

更新されたら設定OK。

管理画面「サイト一覧」に、設定したドメインが表示されるので、確認します。


これで設定完了です。

WordPressダウンロード前の設定

ひよさん
ひよさん

WordPressをダウンロードする前に、もういっちょだよ

サーバー管理画面に、MvSQLデータベースを設置します。


「MvSQL」とは、データベースの管理システム。これを準備してからWordpressを扱います。

「データベースの新規作成」を選択しましょう。

XREA管理画面「データベースの新規作成」を選択。


データベースの新規作成イメージ

サーバー会員登録時に設定したパスワードを入力する。

データベースを新規作成する」を選択。


MySQLの準備ができました。

XREAのSQL設定完了のイメージ

これで、Wordpressのダウンロードが可能になりました!

さあ、Wordpressをダウンロード

WordPressへのリンクを選択

XREA管理画面トップへ行き「サイト設定」を選択。


管理画面「サイト設定」のイメージ

サイト一覧が表示されるので、利用するドメインをクリック。

「サイト一覧」のイメージ

すると、サイト設定に関する詳細情報がずらっと出てきます。

スクロールしていくと、一番下に「ツール」という項目があります。そこにWordpressのアイコン(Wを丸で囲んでいるもの)があるので、選択します。

「Wordpressボタン」のイメージ

インストール確認画面が出るので、設定したドメインになっていることをクリックして確認します。

その後、インストール。

ひよさん
ひよさん

クリックしないとインストールボタンが押せません!


インストールに成功したら、OK。

インストール完了画面

設定したドメインにアクセス

少し時間を置いたあとに、以下へアクセスします。

https://設定した独自ドメイン


ドメインのSSL化(データ通信の暗号化)が済んでいない場合は【http://】に修正してアクセスしてください。

サイト情報を入力する

すると、Wordpressのあいさつ画面が表示されます。

Wordpressへようこそ

画面下部にある「さあ、始めましょう!」をクリックします。


詳細情報を入力する画面が出てくるので、埋めていきます。詳細情報は、XREA管理画面左部「データベース」にある情報を使います。

PostgreSQL一覧
… アクションの中の「DB接続情報」をクリック


「データベース設定」のイメージ

表示される以下の情報をコピー。

  • DB名
  • DBユーザー名
  • パスワード

初めてWordpressを使うのであれば、あとは特に変えなくて問題ありません。

送信後、もう少し入力作業を続けます。

サイトタイトル、ユーザー名など入力

ようこそ」という表示があると思います。これから始めるサイトの詳細を入力します。

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
ひよさん
ひよさん

パスワードはWordpressログイン時に使います。控えをお忘れなく!

メールアドレスなどは、後から変更可能です。

検索エンジンでの表示

ここにチェックを入れると、Googleにサイト情報を収集され、検索エンジンのデータベースに取り込まれます。

新規作成時や、非公開でサイトを始めたい時はチェックを入れないままで問題ありません。

設定はいつでも変更できるので、公開できる段階になったらまた変更すればOK。

成功しました!

インストールしました

「成功しました!」表示がされたら、インストール作業が完了!

ログインすると、Wordpress管理画面へアクセスできるようになってます。


以上で、Wordpressのインストール作業がすべて終了です!

お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました