ジュースなの?ゼリーなの?不思議な飲み物「宝積飲料 ためして寒天」ためしてみた

生活 食べてみた
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

美容や健康のため開発された飲み物は、一生かけても飲みきれない程世に溢れています。飲み物だけに(別にうまくない)。

そういった健康商品を紹介する気は、ないけど、面白い飲み物を買ったから形状や味・アレンジ飲みをシェアします!

宝積ほうしゃく飲料公式サイト曰く・・・

業界でも類を見ない!
大容量ペットボトルタイプのゼリー飲料!

だそうです。確かにでっかい“ゼリー飲料”って見かけない。一体どんな飲み物なのだろうか?!今夜のんでみました。

実際の健康効果はわからないので、健康成分とかはすっ飛ばしています。気になるひとは宝積飲料直販サイトを見てね。
パッケージ画像
これ1本で3日分だそう

宝積飲料
ためして寒天 レモン風味
900ml

ひよさん
ひよさん

どこかで聞いたような名前

管理人
管理人

気のせいだろーーー

パッケージの全身画像が取れなくてスミマセン。大きなペットボトルの野菜ジュース(900ml)と同じ大きさです。

見た感じ飲み物のようだけど、寒天ジュレです。

ゼリー飲料のように細かくクラッシュされておらず、ボトルの両側を手でグッと押すとジュレのかたまりが「ニュッ」と出てくるタイプ。

ボトルを手で押しながらコップにあけるの場面
ボトルを手で押しながらコップにあけるの場面

こんな形状なので、飲むジュレというよりは、噛みつつ飲むジュレのようなイメージでしょうか。

もちろんそのまま飲みこめますが、水分はそれほどありません。ゴクゴク飲めるものと思って買うと「えっ」となるかも?

注ぐとこんな感じ
注ぐとこんな感じ

味はレモン風味。まぁ、よくあるレモン風味の飲み物(ゼリー)ってところか。ちょっと甘いですが、冷やして飲むのがいいそう。暑い季節向きですね!

気になるのが、人工甘味料(アセスルファムK)。

この手の甘味料が苦手な私は、後味が少し気になります。人口甘味料独特の後味があります。アレンジ飲みをすることで多少は和らぎますが、それでも鼻に残る感じが・・・。

人工甘味料がとても苦手であれば避けた方がいいかな。よくあるレモン飲料を抵抗なく飲めるひとなら、問題ないかと思います。

「ためして寒天」のアレンジをためした

やはりジュレなので、水分補給の面では物足りないです。だから、アレンジ飲みをしてみました!

+水

ひよさん
ひよさん

画像はナシよ。


まずはシンプルにお水と。

あぁ~~、完全に水+ジュレでしかないですね。

水分「だけ」足したければ、なくはない・・・かも。

+炭酸水

炭酸水と割ってみた

氷のように見えるのがジュレです!ためして寒天が炭酸に微妙に浮いていて、ちょっと笑える。

甘さが更に抑えられるので、スッキリ・さっぱりしたい時にも良いですね。暑い時期にオススメ。

+青汁

青汁と割ってみた

(コップの中の雲っぽい存在が、ためして寒天の部分)

青汁と割ると、ジュースのような味わいに。青汁に飽きたときにいいかも。

青汁の緑とジュレの乳白色がグラデーションになって綺麗です(感想そこかい)。

+トマトジュース

トマトジュースと割ってみた

個人的にはこれが一番飲みやすかった!イチオシ。

トマトジュースのこっくり感が、ためして寒天で割ることで和らぎます。人工甘味料独特の甘みも包んでくれるので、より飲みやすくなりますよ。

+お酒

ひよさん
ひよさん

画像はナシよ。

今回は度数強めの果実酒と割ってみた。

どちらかというと発泡系のお酒が合うと思います。シュワシュワとジュレが合わさる面白さ。

わざわざお酒と一緒に飲む必要はないんだけど、かさ増ししたいとか、健康や美容に凝りたいひとにはいいでしょう。


900mlなので、この辺で。

本商品は、ほぼケース売り(12本セット)での流通。バラで購入したい場合は、店頭か生協などの宅配購入しかないようです。

商品情報
内容量 900ml
原材料名 砂糖、水溶性食物繊維、寒天、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、酸味料、塩化マグネシウム、香料、 ゲル化剤(増粘多糖類)、増粘剤(キサンタンガム)、乳酸カルシウム、甘味料(アセスルファムK)、原料の一部に大豆を含む
栄養成分表 エネルギー :   20kcal
たんぱく質 :  0.1g
脂質    :    0g
炭水化物  :    5g
ナトリウム :   42g
食物繊維  : 0.68g(680mg)
マグネシウム:   32mg
※100mlあたり
この記事を書いた人
ちゅる

食べること・文章を書くことが好き。30代女性。北海道。

周りの評価欲しさに仕事を頑張ったら、心身が壊れて20代が強制終了。

その経験から、頑張っても報われなかったのは「自分の思考」だと気づいた。

現在そんな「失って得た学び」や趣味に関する情報を発信中。

>>詳しくはコチラ

スポンサーリンク
とにかき。―とにかく何かに書きたいのです。

タイトルとURLをコピーしました