- 現在サイト表示調整中 -

10年ハマったスピリチュアルをやめた理由~結果が出ない原因は、自分でした…

Free-PhotosによるPixabayからの画像
ココロの話
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

更新履歴
19.12.03 全体的に内容を洗練してみました。

はじめに

  • 楽しかったのに、今は苦痛だ
  • 良い結果報告は多いのに、私は変われない!
  • 新しい本を読むのに疲れました
  • スピリチュアルを辞めたい

悩むあなたに、苦痛の原因や辞めるキッカケやが見つかるかもしれない記事を書きます。もし心当たりあるなら読んでみてくださいね。


最初に補足しますが、私はスピを卒業した今も否定派じゃないです。

自分の努力だけではどうにもならないから何かを頼りたくなるんだし、それでハッピーになるんなら良きツールです。

ただ、自分の欲をぶつけてくる人が何かと多い界隈でもあります。「何かを頼りたくなる」…ここがスキになる。この辺は気をつけたいです。

私が会ったのは、ある少人数のセミナーに参加した際グイグイくる人がいたのでセミナー終わりに食事に行ったんですが、まぁ、石系の即売会に誘われましたね。ええ。

断らなさそうな女とみられたんでしょう。

こういう人がいるから胡散臭いイメージが拭えないんだよ。でも、だからといって有益な方法まで頭ごなしに否定されるのも悲しい。適度な温度で付き合っていきたいですね。



さてちょっと刺激的な話?をしたところで、本題。

スピリチュアルで一番の壁は、同じ方法でもうまくいく人・いかない人がいることです。

実感できる程の変化をする人もいれば、むしろ状況が悪くなっていく人もいる。

育ってきた環境が違うから個人差は否めない~…のはわかりますが、個人差では終わらない「何か」があるはず…私はずっと疑問でした。

10年ほど経ってようやくその分岐点が見えてきました。

なので、自分がどんな失敗をして、その原因が何だったかを、ここに公開したいと思います。

私がスピリチュアルにハマったワケ

ありがちな話ですが、私は精神を病みまくった数年間があります。上手くいかない出来事ばかりで、心が折れたんですね。

詳しくは負の自己紹介として別にまとめていますので、興味ある方は以下をどうぞ。


これもよくあるパターンで、スピリチュアルにのめり込みました。

とはいえ誰かに信仰して何か買ったとかはなく、書籍や著者ブログを読みふけって保存しまくった程度だけど、のめり込むという感覚は薄かった。スピリチュアルは私に優しいから。

潜在意識、引き寄せ、ありがとう、感謝、自愛、身体からのメッセージ、オポノポノ、宇宙系、願いごと手帖・・・

色々実践しました。

結果、どうなったか?

 

 

あんまり変わりませんでした。

全部似たような結果でしたね。今から思えばこの結果も原因のヒントだったんだけど。

短期的な変化は体感できても、一番の問題は変わらない。いやむしろ、年々悪くなってる?!って現実を繰り返していた。

願いごと系の体験談で

女性A
女性A

ちょっとした願いごとは叶いやすいけど、本願だけは全然ダメなんだよね~

って報告あったりするじゃないですか。あんな感じ。

10年続けた精神世界で、見えたこと

Gabriel VeraによるPixabayからの画像

今まで必死にやったことって一体なんだったんだ…と思ったし、今もそう思う部分がある。

けど、確信はひとつ得られた。それは

外側の情報はめちゃくちゃ見るのに、内側の情報=自分は見ようとしていなかった。

ということ。

人生を良くするみたいな情報って、殆どが自分の外側にある。だから外側に目を向けすぎると、それだけ自分にかける時間が減る。

「自分」も見ていないと、どんな良い方法と出会っていても方法を正しく使うことに気を取られ、現実的な変化が起きにくいことがよ~くわかりました。

外側の情報と同じくらい、内側の情報も見ようよ。と昔の自分に言いたい。

私なんて報われない。ツラい。苦しい。何やったってダメ。うまくいかない。幸せになれない。人生楽しんじゃダメ。いなくなりたい。…。

内側に何度も浮かぶこのような言葉は「自分の本音」です。この本音を無視しているのに、ポジティブ思考や感謝なんかでネガティブを流そうとしたって、無理です。

内側が絶望しているのに
希望に溢れた言葉をかけても
苦しみしか生まれません。

「自分の本音」を無視しているから、どれだけ必死になっても現実が変わらないってこともあるんですね。

自分の本音って何よ?

女性A
女性A

本音…って言われても、よくわかんないんだけど?

スピリチュアルは、正しく取り組めば結果は出るのか?
有名な方法で結果が出るのか?
長く続ければそのうち変わるのか?

違います。

100%人生が変わったり、願いが叶う方法なんてない。

じゃあ何で、人はスピリチュアルなどに頼ろうとするのか?…ここにヒントがあります。

そもそも、これまでの人生のどこかで『自分の力では上手くいかない』と思ったから、外部情報を使い始めたはず。
それがたまたまスピリチュアルだっただけで。

そこが、自分の本音。

だから、戻る。スピリチュアルに取り組む前の自分に。そこにヒントがあるはずなんです。



私の場合は、最初のほうにもリンクした負の自己紹介という記事に書いたのですが

『自分は上手くいかない』というガッチガチの本音がありました。
でも、これは大した感情じゃないと思ってた。

学校生活も社会生活もうまくいかない私って、何が足りないんだろうか?

精神科に行っても、精神安定薬も意味がない。そう感じ、スピリチュアルや自己啓発をバンバン脳内に叩き込むようになります。表面上(顕在意識)の私はパニックだったと思う。

でも、脳内に叩き込めば結果が出るかというとそうではなく。叩き込めるのはあくまで表面上=顕在意識なんですよ。効果が出るかは本音=潜在意識に叩き込みが届くかどうかなんです。

(略)

世の中で評判の法則でも結果が出ない自分は、やっぱり上手くいかないんだ…。

この『やっぱり上手くいかない』というのが、本音。

上手くいかない自分を信じているのに、上手くいきたい自分も必死になってる。
もう、見えない自己分断ですよ。二刀流。悪い意味の。

こんなん、苦しくならないわけがありませんよね…。

スピリチュアルが苦しいなら、方法の実践の前にまず向き合わなければならない本音が、あるのかもしれない。

こんな時は辞めたらいいんじゃない

silviaritaによるPixabayからの画像

多分この記事を読んでくれる人って、スピリチュアルから離れたいんだと思います。きっとどこかに「やりたくない」「苦しい」「疲れた」なんて気持ちがあるんじゃないかな。

それ、本音です。
すげえ本音です。

だからスピリチュアルより、そっちを大事にしてみてください。

で、その時に『スピリチュアルを辞めることで現状より悪くなるんじゃないか…』という不安があるかもしれません。

でも大丈夫です。一番悪いのは自分で自分を苦しめることなんで。

そして、どうしてやりたくないのか・苦しいのか・疲れたのかに気付けたら、スピリチュアルとはまた別の扉が開けると私は感じます。

その扉が、スピリチュアルより大事な「自分への扉」です。

簡単にですが、それぞれ解説していきます。

本当は、やりたくない

本音ではスピリチュアルなんか実践したくないのに、やっている意味ってなんだろう。

なぜ、本音ではやりたくないような方法を選んでいるのだろうか?

大体が、

・効果があると聞いたから…
・有名なあの人が勧めていたから…

など、自分の判断より誰かの意見を優先しているから起きる感情のはずです。

じゃあ、自分の判断より誰かの意見を採用する理由ってなんだろうか?

自分の判断を無視する背景や、誰かの意見を優先する理由が見えてきます。それが、本音です。

楽しくない

方法そのものが楽しければ結果が出なくても「楽しい」という財産がありますが、楽しくないのに何故やるのでしょうか。

楽しくなるまで続けるために?今楽しくないのにいつ楽しくなるの?

なんか、ゲームのガチャみたいですね。結果が良ければ楽しい、楽しくなるまでガチャるというスピリチュアルガチャです。スピガチャ。

楽しくないのに続ける背景を振り返ってみると、これも効果があると聞いたから…などと自分の判断を無視している理由が見えてきます。

「自分で判断していない自分」が顔を出してくるわけですね。

自分の本音に気付く、それが本当の始まりだ

Photo by Lisa Pellegrini on Unsplash

いくつか例をあげてみましたが、共通して言えることがあります。

  • スピリチュアルを実践して
    感じる苦しさやツラさは「本音」
  • スピリチュアルより大事なことは
    その「本音」と向き合うことだよ

私はココに気が付くまで『自分の本音ってなかなか見えないんじゃないか』と思っていたのですが…

いやいや、ガッツリ見えてたわ。
それやで。
(なんで関西弁)

でした。

本音を掴めたら、何故自分がその本音を抱えているか向き合おうと思えるようになります。

なんで自分の判断を無視するようになったのか。
なんで自分は上手くいかないと思うようになっちゃったのか。

ココから先は、誰にもわかりません。個人の人生や出来事、そしてそれで感じた想いが関わってくるからです。

だけど、そうやって繰り返し自分に質問していくと辿り着くところがある。

あれ、どうしてそんな風に思ってたんだろう?

そう。
「なんで?」が「あれ?」になります。

今までずっと持っていた思い込みを、冷静に見られるようになる。そして、自分を勝手に追い込んでいる自分にちょっと笑えてきます。

すると、自然とスピリチュアルから離れてみよう・辞めてみよう…などと思えてきます。

それが、スピリチュアルからの卒業であり、本当の自分のリスタートです。



いかがでしたか。

スピリチュアルでハッピーになった声はよく見かけますが、苦しい・ツラい的な声ってあまり注目はされないので、今回は「スピリチュアルを辞める」に絡めてまとめてみました。

こう考えると、結果が出ない!どうして?!という状況も、自分の本音を知るという意味ではとっても重要なんですね。

一見ネガティブな印象を抱きがちな『スピリチュアルでも人生変わらない』ですが、本当の意味で自分と向き合うという視点で見ると、とっても大きな入口なんですね!


以上、参考になれば幸いです!

ひよさん
宣伝ひよさん

自分の内面と向き合いたくなったら、関連記事も参考にしてくれよな!

この記事を書いた人
ちゅる

食べること・文章を書くことが好き。30代女性。北海道。

周りの評価欲しさに仕事を頑張ったら、心身が壊れて20代が強制終了。

その経験から、頑張っても報われなかったのは「自分の思考」だと気づいた。

現在そんな「失って得た学び」や趣味に関する情報を発信中。

>>詳しくはコチラ

スポンサーリンク
とにかき。―とにかく何かに書きたいのです。

タイトルとURLをコピーしました