サイト運営目的・管理人紹介はコチラ!

ごはん抜きとか家から追い出すとか。~された側の回顧録。

体験談生活
スポンサーリンク

『血の轍』という漫画があります。母子の歪んだ関係性をテーマとしたサスペンスです。この作品内に、母が息子を引っ張り、無理やり家から追い出す場面(多分六巻)がありました。

その追い出そうとする・される描写がもう、非常にリアルで……昔のことを思い出しちゃいました。20年以上前の話なのに、見た瞬間、お腹がぎゅうっと萎縮した。

追い出される理由は違えど、よく似た経験があります。

それ以降、たまに思い出しています。自分たちにも非があったとはいえ、心のどこかで納得していないままなのでしょう。

なので、短い動画のような断片的な場面映像の記憶が中心ではあるけれど、あの記憶を書き留めておこうと思った。

私には親になった経験がまだありませんが、こういうしつけを受けてこういう性格だった子供が、親をどういう目で見るようになったか――というケースの一例としてご覧ください。

また「私も似たようなことされてた!」という方は、あの時のモヤモヤがあれば一緒に解消できたらいいなと思います。

しつけの実例

基本的に私達が受けた“しつけ”はこんな感じでした。

  • お尻ぺんぺん
  • ごはん抜き
  • 家から追い出される(玄関に座る)

「お尻ぺんぺん」のみ父母によるもので、あとは母にやられていた。父はしつけへの関心は薄く、家庭内のことは“母に言われてやる”人でしたから。


では、具体的にどんな内容なのか紹介します。

お尻ぺんぺん

※Googleに怒られたくないので「ぺんぺん」表記とします。

文字にすると恥ずかしい……。これは我が家の場合『お尻たたくよ!出しなさい!』みたいなことを言われると始まりでした。

そのまま叩かれる時もあれば、ズボンとパンツをお尻の部分だけ少し下げ、守る布が無い状態で叩かれることも。直のほうが痛い(=より反省させる?)から。

直だと精神的ダメージも発生するのは確かです。これ女子としては屈辱だと思うんだ…。ただ、これはしつけの話題でよく言われることですが、頭や顔を叩くよりケガのリスクが低いため、お尻になるんですよね。

この方法は叩かれ次第終了(なくなり次第終了みたいな)なので、下のふたつとは違い短時間で済んでました。

ごはん抜き

言葉の通り、食事なしです。ただ用意はされているので、後から食べられる場合が多かったと記憶しています。ごはん抜きではなくごはん保留ですかね。

これはですね…ごはん抜きコース+家から追い出されるコースのコンボが来る時があってね…。

家から追い出される(玄関に座る)

これも言葉の通り。狭い家だったので、居間から玄関までスグの距離。家の外に出されます。長時間の放置はされませんが、いつ家に入れるかは母の気持ち次第でした。

この追い出し系、家庭によってはベランダ等のケースもあるようですが、我が家は玄関先でした。ドアを閉められ、カギがかかる。こうなった後は、玄関前に座っておくなど近くで待機し、家に入れてくれるまで待ちます。

小学生だし、靴は履いてなかったりするし、ほとぼりが冷めるまでどこかへ行く…という選択肢はありません。

「短時間とはいえ、玄関先に放置」…近所の目がある家庭ではやらない・できないでしょうが、当時の我が家は色んな状況が重なって、事故などが起こるリスクが低かったんですよね。そういう環境だからできたんだと思います。

何がツラかったか?

弟と当時の話をしたことが無いので、弟視点はわかりませんが、私は特に「ごはん抜き」「追い出される」がツラかったかな。

超泣き虫だったので、大体、泣きとごはんが一緒でした。泣いた後に食べる(或いは泣きながら食べる)ってのが、なんか子供ながらに惨めでさ…。

横に座っている母もまだ怖い顔だから、罪悪感だとか情けなさとか、色んな感情を抱えながら食するワケよ…。

あと、されたコトそのものというより、「自分の身体を押して、家の外に出そうという強い意思を示す目の前の母」が怖かった。

相撲で例えると、押し出しみたいな体勢で追い出されるのだけど『え、そんなに何としてでも私たちを家の外に出したいの…?』という恐怖感かな。

押し出されるイメージ(イラストAC・作者フリーカットさん)

抵抗するけど最終的には(母の気が済むまで)家から出されるしかないからね。空しくなるよ。

親への印象は変わるのか

変わらない子も居るでしょうが、私は変わった派ですね。子供の性格・傾向によってかなり違ってくる部分です。

父への印象はこの件があっても無くても変わりません。物事の判断は母だったので。母に対しては、少なくても母の表情や顔つきを気にするようになったかな。

  • お母さんは怒ってないかな?
  • お母さんの顔つきは問題ないかな?

というのも、時系列はあやふやなんだけど、小学生時代の私はクラスメート等からの“いじり”(たまに軽いいじめ)を受けがちで、毎日のように学校で泣いてたのね。

どうしても行きたくない日は、母に『学校行くと泣かされる、今日は休みたい』と訴えていました。でもダメだったんだよね。返ってくる言葉は大体「いいから行きなさい」。

つまり、母の中の許容ラインを超えた私の言動は、怒りやごはん抜き、家から追い出すなどで押し込められる傾向にあった。

自分の意思や選択を貫ける性格ではなかったため、いつも私が折れたり我慢する結果になる――そうしているうちに、すっかり母の様子を気にする子供になりました。

この「母の様子を気にする」傾向は、基本的に良い傾向ではないと個人的に考えます。一時的な感覚なら別ですが、長引くと「相手の様子を見て自分の行動を決める性格」になりやすい。つまり、自分という人格が育ちにくくなるのかなと。

私の場合、複数のショックな体験があったため、こういった感覚が強化されてしまったのかなと感じます。


そして、母の状況を気にするようになった私は、次の感覚が育ったように思います。

自分の気持ち・行動は受け入れてもらえないんだ

▼▼

母には逆らえないな

▼▼

私は母に勝てないな

▼▼

母への無力感と、自分自身への無力感


母には勝てない感覚も強くなっていき、母に対する無力感も増す。それと同時に、母に勝てない自分自身への無力感も強固なものになっていったのだと思います。

勿論、しつけを受けていた当時はこんなこと意識していません。その後の自分の性格や出来事を振り返って『ああ、私の○○な部分は、ここで芽生えているのかも…』と、大人になってやっと掴めた感じです。

自己評価や価値観って、親からの影響がとても大きい。だから、こういった小さな出来事の積み重ねでも作られていくのだと思います。

後日談:しつけの理由を聞いてみた

以前にこの話に触れた際、母はこう話してくれました。

だってあんた達…ほんっとに言うこと聞かなかったんだもん

この時、弟が小学校低学年で。まぁ~家でもはしゃぎたい盛り。よくじゃれてたのね。そりゃ~、せっまい家でぎゃあぎゃあ遊ばれると鬱陶しいわ。記憶が薄い私でも、騒いでドアを叩いた際に擦りガラスを割った覚えがある位だし…。

当時の母は“自分の想定通りに物事を済ませたい”傾向が強い人で(子供に対しては誰でもある程度起こる感覚だと思いますが)、こんな感じだったのかな~と。

  • 自分の想定を超えた行動をされる
  • 注意する
  • 聞かない
  • ペナルティで大人しく(反省)させる

(7/19 追記)
しつけの理由を聞くつもりはありませんでした。過去のことを尋ねても、話が噛み合わなかったりで益々モヤモヤするから。ところが先日、話の流れで上とは違う理由が聞けた。

私の推測は方向性としては合ってたけど、もっと単純な理由でした…。

……何のことはない。私たちがされたしつけは、全部母がされてきたことらしい。こうされたから自分も子供にやった。それだけ。意図があってあのしつけを選んだ訳ではなかった。

更に書くと、しつけのメインは「弟」だった。私は記憶にないのだが、弟は小さい頃からうるさいわウソをつくわ約束を守ろうとしないわで、とにかく大変だったと。だからしつけで反省を促した。でもあんた(私)はそんなに危ないことはしなかった。

要は私は、連帯責任を取らされていたのだ。巻き込み事故。

あのさあ……。

でも理由を聞けて良かった。腑に落ちた。だから母に理不尽さを感じていたし、ネガティブな感覚が芽生えたのかと。


当時の心の動きはこうか!

私、こんなことをされる存在なの?

▼▼

あ、私の存在は大して関係なくて、母のボーダーラインを超えるとごはん抜きにされたり、家から出されるんだ

▼▼

じゃあそうされないよう、母の機嫌を損ねないよう過ごそう…


父にあったように、母にも「振り回されている感覚」があったのかもしれませんね。

“すれ違う”から難しい

私は『子供を怒ったり叱ってはいけない!子供の恐怖心をあおるのは良くない!』と主張したい訳ではありません。むしろ、子供に色んな感覚を芽生えさせるためには必要なアクションだと考えます。

母も「母親」の役割をするのが初めてです。子供を大人しくさせたり、ダメだとわからせるための手段であって、それ以上の理由は無かったこともわかります。

ただ、アクションによっては、私のように「消化不良な出来事」として溜まってしまうことがあるのだろう。そしてそれが自己評価の低さや、親への抵抗感などに繋がっていくのだろう。

親と子の思いにすれ違いが起きている状況ですね。じゃあ、どうしたら良かったんだろう。

当時を振り返って感じるのが、しつけ後の「言葉の」コミュニケーションが薄かったなという感覚ですね。私ももっと、自分の気持ちを伝える工夫が出来ていればよかったなと。

外に出したのは、あなたたちはこうで、お母さんはこうしたかったから、あなたたちをこうしたんだよ。みたいなね。強制的に大人しくさせたとしても、その後のフォローがあれば、同じしつけであっても子供の受け取り方が変わってくると思います。

あとがき

これ書いてたらムカムカしてきたので、振り返る意味はあったっぽいです。

予期せぬ流れだったが「どうしてあのしつけだったのか」を聞けて良かった。どうしてああいうことをされていたのか、そしてその背景がわかった。

更に、この話を通して「母がどのように子育てをしていたのか」まで聞けることとなった。その子育て観を聞いて、これまで母との関わりで育ったモヤモヤが、解け始めたのだ。

(話がズレるので、また別の機会に。)

当たり前の話ですが、過去は変わりません。だからこうやって、当時の記憶を整理したり発信したり、ネタにしたりと自分なりの消化をしながら、未来の自分に活かしていくのが一番のクスリなのかもね。

…なんて思ったりしながら、一旦、記憶の整理を終わります。

タイトルとURLをコピーしました