リライトが追いついておらず、一部見づらかったらごめんなさい~

【頭に】瞑想苦手な方にオススメ!ちょっと怪しいけど簡単なイメージ方法を紹介【バター?】

Photo by Haley Phelps on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

スピリチュアルに触れると必ず出てくる言葉のひとつ「瞑想」。この瞑想って、意外と難しくないですか?

なんかいい感じの音楽をかけて、リラックスポーズをとって、目を閉じて、呼吸を意識して、心の声をなんちゃら…

一日二日は続いても、継続できずに挫折する人も多いかと思います。私もそうでした。

そんな時に「なんその法」という方法が、瞑想苦手な自分でも実践できたので紹介します。

注意
ある逸話を基にした方法なのですが、かなり精神世界に全振りしたエピソードが多いので、本記事ではやわらかくアレンジした内容をまとめています。オリジナルを知りたい方、オカルト系もオッケーな方は各自検索してみてください。
... Sponsored Link ...
... Sponsored Link ...

「なんその法」って何?

白隠禅師(はくいん えかく)という江戸時代の僧が、いき過ぎた修行により病にかかった際に治した方法のひとつが、このなんその法である―とされています。

漢字では軟酥の法と書きます。

そもそも「なんそ」って何?

=やわらかい
=古代のバターのようなもの

「なん・そ」と考えると理解しやすいです。牛乳を長時間煮詰めて作られていたものらしく、現代でいうとバターに近いそう。

とても良い香りがして、体内の様々なものを絡めとって流してくれる妙薬的存在…らしい。

この「なんそ」を使ってイメージを行う瞑想のようなものが、なんその法です。

瞑想と何が違うの?

瞑想より実践しやすいというのが私の印象です。

椅子に座りながら、寝ながらなど楽な姿勢で取り組めるので、瞑想より型にはまらずに始められます。

また呼吸法を気にする負担が少ないので、ヨガや瞑想などで呼吸法がイマイチ上手くできない方でも取り組みやすいと思いますよ。

ひよさん
ひよさん

個人の感想です

とりまやってみようぜ!やり方教えて

この方法は実践する人により細かい実践ポイントが異なるので、これが正解!とまとめるのが難しいです。逆にやり方が色々あるということですから、自分がやりやすい方法で問題ないかと。

私は呼吸方法を継続するのが大変で、瞑想はどうしても続けられませんでした。なので簡略化して実践しましたが、それでも効果は感じましたのでその方法をシェアできればと。

では、具体的なやり方を。


楽な姿勢で座って行います。

まず、卵サイズ程度の「なんそ」を、頭にのせたと想像してください。

なんそを頭にのせるイメージ


頭の上の「なんそ」が体温により溶けはじめます。

頭の外側や内側に、だんだんと滴り落ちていく…という想像をします。

難しい!って人は…
お風呂で湯船につかったまま、頭にお湯をかけてみてください。頭からお湯がポタポタ落ちてきますよね。あのくすぐったさをイメージすると取り組みやすいですよ!


「なんそ」がゆっくり滴り落ちていき、全身の外側や内側、あらゆる場所に行き渡っていく…と想像します。

全身のあらゆる場所に行き渡るイメージ
マウスで書いていることがバレバレの線


この「なんそ」は身体の悪いものを洗い流してくれる妙薬です、自分の身体にある老廃物や澱みが洗い流されていく…と想像します。

全身に行き渡り身体の老廃物を絡め取った「なんそ」はやがて、足の裏から出ていきます。

なんそは足の裏から出ていきます


この時、老廃物を絡め取った「なんそ」の色を変えてみても面白いです。変えなくても大丈夫です。

全て流れたら、ゆっくりと目をあけ感覚の余韻にひたります。ひたらなくても大丈夫です。


おしまい。これだけです。

~~~

効果としては色々言われてますね。あまり書くとアレなので省略しますが、リラックス効果やスッキリした感覚は得やすいと思います。

慣れないうちは感覚が掴みにくいこともあるので、音声ガイダンスや音楽があると実践しやすいかと。

Youtubeにいくつか「なんその法」を取り扱った動画があります。

動画・音声選びのポイントは声でしょうか。内容がわかりやすくても声が好みじゃないと集中しにくいです。この動画の女性の声がイイ感じなので、私はこれ使ってました。

ただ再生時間が短くガイダンスが早いので、慣れてくると逆に邪魔になるかも?

nanso no so.mpg

イメージすることが苦手な人でも、この方法ができれば瞑想や呼吸法も取り組みやすくなると思いますよ。

お試しあれ。

タイトルとURLをコピーしました