クセ毛と人生は似ている

ココロの話
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

髪と人生の話。

クセやうねり、毛量を抱える女が憧れる「さらさらストレートヘア」。私もその1人で「ゴワゴワうねりヘア」の持ち主です。持って生まれた髪質がもう違うもんだから、ストレートへの執着がすごかった。

特に学生時代は、当時人気だった安室ちゃんの特徴だったシャギー(毛先をすくカット方法)が流行していたのもあり、ストレートヘアへの憧れは色あせなかった。

でも、いくらストパーしても太髪は隠せず、大したストレートにもならず。縮毛矯正は高くて手が出せなかった。

それでも、髪質が違うのだから諦めよう。とはならなかった。ストレートが正義だったから執着した。毎朝、アイロンとケープばっかりしていた。

ストレートヘアで、いたかった。

周りの女子たちの髪がさらさらであればあるほど、同じ女なのにこうも生える質が違うのか、とモヤモヤした。

そんなときに、妥協で通っていた美容室で言われた。それまでカットも「ストレートにしやすく!」と毎回注文していたが、ある日担当した美容師に

『いや~すごくいいクセ毛ですよ』
『このクセを活かした方が髪にもいいですし』

管理人
管理人

!!!

まぁ、(無理矢理ストレートにするよりは)という、見えないひと言があったのかもしれない。それでも、選択肢「クセ毛」を持つきっかけには、充分だった。

すぐさまパーマを当てた。こいつチョロいな。

ストレートヘア実現を諦めたその髪型は、周りから大好評でしたとさ。


何が言いたいか。

自分が欲しがっている「型」と、自分に必要な「型」はイコールではなかったりする。

欲しくて仕方のないそれは、確実に自分の魅力や能力をサポートしたり、人生のプラスになるモノとは、限らないのだ。

ストレートヘアに憧れるクセ毛女子なら、時間や手間やお金を使ってストレートヘアを作ってもいいし、そこから一歩引いて「自分に似合う髪型」という視点に切り換え、クセを活かせる髪型を追求してもいい。

与えられている素材を活かすも殺すも、自分で選択できるのだ。

今回は「髪」で例えたが、これは人生全般に言える。


もちろん欲しけりゃ手に入れればいいが、モノによってはすんなり手に入るワケでもないよね。

そんなときどうするか。選択肢はふたつ。手に入れるまで頑張るか、手元にあるモノで頑張るか。

ここで気をつけたいのが、前者「手に入れるまで頑張る」を選んだ場合。

もがくうちに【自分は手にしていない】が【自分は手に入れられない】へといつの間にか変化してしまうケースがある。

すると、手に入れられない結果に納得できず、余計に求め、欲しがり、羨望し、焦り、落胆する。そして怒りや嫉妬にも繋がっていく。

そうやって追いかけ続けた結果・・・

・時間や労力を消耗したり
・ストレスばかり抱えたり
・手にしていない自分を責める
・手にしている人への嫉妬

いいことなんてひとつもない。

じゃなくて、手に入らないのなら、元々あるモノに目を向けるのもいいよってこと。

実はそれのほうが、思った以上に自分をサポートしてくれたり、過ごしやすかったりするから。


自分が見た自分と、他人が見た自分は、自分が思っているより違うんだね。

だったら、自分フィルターの自分(=自分が良いと思う自分)を信じるのをやめたっていい。

色んな自分を見つけていこう。

フィルターが外れたぶんだけ、世界は広がっていく。

この記事を書いた人
ちゅる

食べること・文章を書くことが好き。30代女性。北海道。

周りの評価欲しさに仕事を頑張ったら、心身が壊れて20代が強制終了。

その経験から、頑張っても報われなかったのは「自分の思考」だと気づいた。

現在そんな「失って得た学び」や趣味に関する情報を発信中。

>>詳しくはコチラ

スポンサーリンク
とにかき。―とにかく何かに書きたいのです。

タイトルとURLをコピーしました