リライトが追いついておらず、一部見づらかったらごめんなさい~

くじ運はいいのに、年々悪くなる?!そして気が付いた「たったひとつの理由」

Alexas_FotosによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。
こんな人に向けた記事です
  • なんとなく最近、運が悪い・鈍い
  • 何でもいいからラッキー運を鍛えたい
  • 運が悪い原因って何だ?と考えてる
... Sponsored Link ...
... Sponsored Link ...

「元」運が良いひとの遍歴

rawpixelによるPixabayからの画像

思い返すと子供の頃からくじ運がいい私は、各方面から沢山いただいてきました。

具体例をあげると…

金券の類はもうよくあることで、自分じゃ買わないような食べ物や好きな芸能人のポラロイドだとかもじゃんじゃん。有名雑誌や大手キャリア、キー局など全方位から色々ありました。

管理人
管理人

宝くじはあまり買わないので省略


よく、小さいラッキーがあったときなんか「
運がもったいないから他で使えw」ってツッコミがあったりしますよね。

私は、この例えに常々疑問を抱えています。

運ってモンは、
一度使ったらもう増えないのか?

……これ、誰にもわからなくないですか?身体にペタペタついているワケではないし、目に見えないなら増えるとも増えないとも言い切れない。誰にも。

ということは、どちらも存在するんじゃないかなと。

増えると思っているひとは増えるだろうし、なくなったらオシマイだ!って考えるひとはオシマイになる。

―と、元・運が良い私(何この紹介)は考えています。

また「部屋が汚いと運が入ってこない」なんて言われることもあります。

生活環境は綺麗なほうが、物事上手くいきやすいのはわかりやすいですね。とても。

しかし、必ずそうだと言い切れないのは私が証明しています。ええ。

汚い部屋でも全然ツイてましたので
全国の汚部屋の皆様安心してください。

夢先案内人
ひよさん

自信持って言うコトじゃね~…

管理人
管理人

汚部屋さん達に希望を…ね

気付いたら無くなっていた?!

engin akyurtによるPixabayからの画像

そんな感じで、見えない何かに全頼りでここまできた私ですが、いつからか変化が起きていました。

すごく欲しいものでも
ちょっぴり気になったものでも
とにかく全く
当たらなくなった。

いわゆる「持ってない」人間の完成です。神対応から塩対応に。しょっぱいね。

ひよこ(インスタ女子)
ひよさん

応募してないだけじゃない?

いや、これが結構応募してたんだよ。

で、元々は当選が当たり前みたいなもんだったから、最初は単純に当たらなくなったことが不思議でさ。でもそのうちに「当たらなくなった理由」を考えるようになっていきました。

そうしているうちに、ひとつ見えてきたことがあるので晒します。

と、その前に。運だけでは語れない部分もありますので、ソコについても私なりに記します。

「お得」という言葉と、SNS

ソーシャルメディア薬

今の時代、ネットで少し探せばキャンペーン情報は出てきますが、懸賞やキャンペーン界隈で大きく変化した価値観があると思います。

スマートフォンが普及する前だと、キャンペーンに参加するのは「商品を手にした」「企業に関心がある」など、限られた層が参加するものでした。

ところが、SNSをみんなが使うようになった現代は、誰でも指一本で応募できます。

確かに「既存の消費者」以外に「新規消費者(になるかも)」層ができたことは、企業にとって非常に大きな変化です。拡散によるPRも、戦略として外せなくなってきています。

そのため、これまでのキャンペーンのようにみんな同じ可能性で挑めないものも出てきました。

また、続く不況もあってか消費者はこういったプレゼント関係の投稿に敏感になっています。その結果、「懸賞情報」が「お得情報」へと変換されている参加者も少なくはありません。

運では片付けられない、現実的な面での変化も起きていることもまた、関係しているかもしれないことをあわせて明記しておきますね。

運が悪くなって、わかったこと

Alexas_FotosによるPixabayからの画像

さて、それらの外的要因も結局は単なる負け惜しみのようなものかもしれません。

以前Twitterで開催されたピザポテトのスマホケースが欲しくて欲しくて震えてて、毎日挑戦してもカスリもしなくって、そんな状況なのにフリマアプリでスマホケースの出品を見かけたときの悔しさとか別に根に持っていませんけども。

決して根に持ってなんかいませんけども。

ピザぽる。キャンペーン2018


本題に戻します。

くじ運がよかった私がどんどん悪くなっていったのは、一体何が理由なんだろうか。

これまでの生活状況、精神的な面などを振り返るうちにひとつの傾向が見えてました。

ちょっと表現が難しいのですが、ここに集約されますね。

 

 

不要な気持ちが
たくさんある

 

 

Photo by Elijah O'Donnell on Unsplash

年を重ねるにつれ、いつまで大事にするの?というグチャグチャな気持ちが多くなったのは痛感しています。

運だとかツイてるだとか、目に見えない何かのエネルギーが落ちてる!なんてことはなく、私の余計な感情が、自分を結果的に損させている。


思い返せば、色んなラッキーが発揮されるのは嬉しかったんだけど、年齢を重ねるうちに

だんだん申し訳なくなってきた
なんていうか
「私なんかがもらってスミマセン…」的な。

嬉しさの後に、私がもらっていいのか??…みたいな罪悪感があった。応募しといて申し訳ないも何もないけどさ。

若かったころはもっと無条件で、もっと素直に受け取れてた。受け取ることに何の抵抗も無かったもんw。

頑張っても結果が出ない現実を
繰り返しているうちに、
受け取れる気持ちがなくなってきたんですね。

ひよこ(驚き)
ひよさん

申し訳ないって何?
ラッキーはラッキーでええやん

管理人
管理人
 

受け取ることが申し訳ないんだよ
今思うと
何故そんな自分を低く扱う
って感じだけどね……


たまにTwitterで『当選報告★』的な投稿してるユーザーを見かけるんだけど、ああいうひとたちって淡々としてるじゃないですか。ある意味で。

 

わーい☆当選!ありがとうございます~!

おわり。みたいなさ。表現がふんわりしてるけどコレ、実はめっちゃ大事だと思う。

嬉しい、やったという気持ちだけ消化できてるんですよ。
「抵抗しない」って大事だなと感じます。

おわりに

というわけで、運が悪くなってきて気が付いたひとつの理由をまとめました。フワッとした内容になりましたが、いかがでしたか。

自分の中にいらない気持ちが残っていたら、ぜひ感じきってみてください。

いつまでも不要な気持ちが燃えカスのように留まっていると、新鮮な感情が入ってきません。

結果、燃えカスのような気持ちばかりを感じるようになります。

最近うまくいかないな、ツイてないかもな~と思えるときは、自分がよく抱く感情をリストアップしてみて

「この感情、まだ必要か?」

と自分の感情について掘り下げていくと、運が上向く?!かもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました