サイト運営目的・管理人紹介はコチラ!

ソシャゲや課金がつらいのは当たり前?!その理由と対策を解説

体験談生活
スポンサーリンク

ネット上でも度々話題となる「スマホゲーム(ソシャゲ)」。

女性A
女性A

課金に罪悪感はあるけど、辞められない…

男性B
男性B

空き時間あるだけゲームにつぎ込んでしまう…

あるいは、課金も時間も…

ソシャゲを辞められずモヤモヤしている方、多いかもしれません。

私自身もスッパリ辞められないタイプで、ガチャでお目当てのキャラが出ず、ムキになって課金した経験もあります。

でも、本来ゲームって楽しいものですよね?どうしてゲームソフトなどとは違い、ソシャゲだけツラくなるのでしょう?この疑問を、本記事では考えてみたいと思います。

大きく分けてこの2つをまとめます。

  • ソシャゲがつらくなるその理由
  • どうすればつらくなりにくく遊べるか?

ソシャゲは“しんどく”できている?!

ソシャゲって、最後はしんどくなる遊び。無課金だろうが関係なく、そうなってるんです。

―これはいくつものソシャゲにハマって辿り着いた、私の結論です。ソシャゲはしんどくなるようにできている。だから、しんどいのは当然。

…なんで?

では、次にソシャゲの特性や他形態のゲームとの違いから見える「しんどさ」を解説します。

【1】「買って遊ぶ」「遊んで買う」の違い

ソシャゲは無料で遊べる(いわゆる“基本無料”)ものが多いですよね。実はこの「無料から始められる」サービス形態が、しんどくなる理由のひとつ。

女性A
女性A

え?無料で遊べるのに、どうしてしんどいの?

ソシャゲと呼ばれるジャンルは「遊んでから買う」傾向が強いからです。

これまで、ゲームと言えば「買って遊ぶ」が一般的でした。お金を払って、あるいは誰かに買ってもらってね。そして、一度買えばずっと遊べました。追加料金はせいぜい、攻略本代でしょうか。

ソシャゲはどうでしょう。多くの人が「まず遊んでみてから課金するか考える」パターンではないでしょうか。加えてゲームソフトとは違い、一度の課金で済むゲームってソシャゲには無い。

アイテム購入もガチャも、有利に進めたいなら、推しを回収したいなら、課金分のサービスが欲しいなら…何度でも買い続ける必要があります。

終わりが無いし、見えない。ソシャゲは。終わりがあるとしたら、①飽きて卒業or放置に入るか、②サービス終了――どっちかが本当に「終わる」しか無いです。


こう考えると、プレイスタイルそのものがユーザーを疲れさせやすく、ゲームや推しへの「楽しさ」「愛」を「負担」に変換しやすくなる遊びと言えます。

【2】サービスの不安定さ

またコンテンツの不安定さも、ユーザーの感情をネガティブにしやすいサービスです。特に、ソシャゲへの不満で多く見られるのが「ガチャ」と呼ばれるコンテンツ。

これまで、数々のタイトルで炎上が繰り返されてきました。以前、後払い制ガチャ(満足のいく結果なら課金する)が話題になりましたが、運営にメリットのないサービスはやはり普及せず。今でも前払い制(課金後にガチャを引く)が殆どです。

このガチャが『ギャンブルと同じでは?』と度々指摘されるのは、サービスとお金の関係が同じだから。

先にお金を出し、ガチャ結果を受け取る。支払い分(あるいはそれ以上)に相当する結果を得て高揚感を味わうこともできれば、お金をドブに捨てたような結果にもなる。

結果によって感情が大きく左右されるコンテンツ―これでは、ソシャゲに振り回されている感覚が芽生えるのも当然です。

またソシャゲは、経営方針によるテコ入れ・調整などを理由に、既存サービスに変更・リニューアルを入れがちです。イベント間の休みが無い、ガチャの出が悪くなった、高スキルのカードがどんどんリリースされる…と、今まで費やした時間や金銭の頑張りでは足りなくなる。結果、ユーザーの疲弊が加速します。

運営が手を入れやすい分、サービスかコンテンツ、あるいはその両方に揺さぶられやすい世界になっているのです。

課金は無駄じゃない…では何が無駄か?

ソシャゲのダメな点を挙げてきましたが、私は課金肯定派です。課金そのものがしんどいのではなく、課金する背景に「しんどさ」が隠れていると考えてるからです。もちろん、金額が大きいのは別問題ね。

筆者はこれまで、主にAmeba内ゲームに課金しました。総課金額:数万円。ガチ勢から見たら小学生のお遊びのような金額ですが、その金額でも自分の中で結論が出せた。

ソシャゲ課金がしんどいのは、後悔するのは、課金行為ではなく課金時の気持ちが大きく影響しています。

どんな気持ちで課金しているか

よく『ソシャゲはカタチに残らないから無駄』という声がありますが、人がお金を使う先ってカタチに残るものだけじゃない。サービスやその瞬間のために使う。後に「モノ」が残るか「経験・体験」が残るかの違いです。

だから、ソシャゲがその選択肢のひとつでも問題はありません。

注目したいのは「課金時の感情」。どうして課金(決済)をしたのかが、課金後以降の後悔度を決める―と言ってもいいでしょう。

なので、後悔しない課金方法なんて、ネットで探してもありません。それは自分で確認して自分で決めるほか、ないのです。

自分の気持ちを整理して、後悔しにくい課金方法を見つける。これですね。


とはいえ、ソシャゲに大切なのは「今、どうしたいか」。惚れたゲームや推しにはお金を使いたくなるものですし、確率アップや限定イベントは待ってくれませんもんね。

なので、自分の中での「課金したい理由」を明確にするのが簡単です。

―あなたは、何のために課金しますか?―

出てきた答えが以下のようなものであれば、課金しても後悔は残りにくいでしょう。

  • ゲームを応援したい!
  • 結果がダメでもガチャしたい
  • 大好きだから今のうちにやりたい

共通点は、結果以外にも視点があること。どれも、結果より他の要素に視点が当たっています。

逆にこういった答えであれば、課金だけでなくゲームとの付き合い方も考えなおしたほうがいいかもしれません。

  • 他のユーザーより優位に立ちたい
  • トクをしたい
  • 仲間が課金しているから

これらの答えは「結果」や「優劣」など、自分の状態に視点があります。自分の状態や他者の目に視点が当たっているので、結果によっては後悔する可能性も高まります。

例えば、誰かより優位に立って何がしたいのでしょうか。限定アイテムが純粋に欲しいならそれが達成できれば終わりますが、勝った気持ちを味わいたいのであれば、その感覚は続くでしょう。

余談ですが、私の周りの某人(本人のために関係性は伏せますw)は転売目的でゲームを始め、無事転売失敗。課金分の赤字を作ってました。バカですね。これも「儲けたい」という結果ありきの目的なので、結果次第で後悔が残ります。

というか規約違反ですよ。ダメですよ、転売は。昔の話です。

一見ゲームに愛があるように思えても、その奥には「ゲームとは関係のない本音」があることもしばしば。その本音をゲームと結びつけてしまい、時間やお金を必要以上に浪費しないことが、大切なのではないかと考えます。

タイトルとURLをコピーしました