Last updated 19.09.16(行動できないと悩む人へ)

ソシャゲ課金がツラいのは当然。いや、ソシャゲはそもそもツラい。減らそう後悔。

この記事は約6分で読めます。
こんなひと向きの記事かも

・課金を始めようか迷っている
・お金を使うのに漠然とした不安

・大好きなゲームがツラくなってきた

度々ネット上で議論となる「スマホゲームへの課金問題」。

私自身もハマりやすい性格で、今でもお金は費やさなくても時間を費やしがちです。常々思っていたことがあるので、

  • 楽しいはずのゲームがなぜしんどい
  • 後悔しにくいソシャゲとの付き合い方


この辺を中心にお送りします。

大好きな作品シリーズのひとつ「ボーイフレンド(仮)きらめき☆ノート」がサービス終了したことがきっかけに書いてます。

ソシャゲは日々生まれては消えています。サービス終了は大したことじゃない。けれども、ソシャゲ終了告知がされると必ず挙がる声がある。

男性C
男性C

いつかは終了するサービスに課金する必要なんてない。


果たして、ゲームへの課金って本当に無駄なことなのでしょうか。一緒に考えていきたいです。

... Sponsored Link ...

課金で苦しむのはなぜ

私は課金肯定派です。金額が大きいのはまた別の話なので論外ですが。ただ課金で苦しむ方が多いのは気になります。

課金か、課金をする自分への思い込みが違っている方が多いのかもしれないと考える。

ソシャゲ議論でよく出てくる言葉のひとつに「カタチに残らない」という声がありますが、人がお金を使う先って、カタチに残るものだけではありません。

「モノ」として手元に残るか、楽しかった・入手したという「記憶」が残るかの違い。

サービスそのものやその瞬間をより楽しくするためにお金を使うのは、自然なこと。その気持ちは、他人が否定できるものではありません。

では、どうして課金で苦しいのか。

そもそも、苦しくなるようにできているんです。ソシャゲというサービスそのものが。

ソシャゲはしんどくできている

無料で手軽に遊べるようになっていますが、運営も無料なワケありません。ゲームの向こう側にはヒトがいます。

どこかで無課金と課金の分かれ目がきます。唐突なサービス終了というリスクもある。

バランス調整と銘打たれボーダーラインが高くなったり、高ステータスのカードが新設され続け手持ちが弱くなるステータスのインフレ…。運営の都合で修正されることも珍しくないです。

購入した分だけ受け取れるアイテムは良心的なように思えますが、結果を出し続けるためには買い続ける必要があります。

確実に利益があるかわからないガチャは、後払い制も存在しますが事前に支払ってもらうシステムが殆どです。

つまり、

ソシャゲの基本がユーザーを疲れさせ、不安定な課金システムにより楽しさを崩す。

現に、ソシャゲの不満や炎上案件はガチャが殆どを占めるでしょう。

確実に対価を受け取れるショッピングと異なり、ソシャゲは確実と不確実が混在するサービス。その形態は、これまでギャンブルで見られていた現象です。

ソシャゲはギャンブルに近いと指摘されるのは、形態が一緒なためです。


買いきりのゲームソフトが主流だった時代には、考えにくかった話。ゲームソフトは買って遊びます。ソシャゲは遊びながら買います。

ゲームソフトにはエンディング(ゲームクリア)があります、ソシャゲのエンディングはサービス終了です。

しんどい気持ちが大きくなるのは、サービスの流れを考えると当たり前と言えるでしょう。

初課金は、サービス終了のオマケつき

記事を書くために、私のソシャゲ課金歴を晒したいと思います。粗品ですが。

  • はじめよう!ポケットバー
  • ボーイフレンド(仮)
  • ガルショ☆
  • モグ


総課金額:数万円とガチ勢から見たら小学生のお遊びのような金額だけど、元々ゲームしないタイプなので、そういう人間が課金したよって感覚で聞いてね。

初課金は「はじめよう!ポケットバー」。

画像が残っていないので、お借りしています
掲載元:mobileASCII.jp

ガラケー全盛時のサービスなので知らない方も多いかも。

インテリアを配置してmyバーを作り、カクテルや食事を振る舞いレベル上げしていく内容。

ミニチュアキャラクターの世界がとてもかわいく、運営の遊び心も見えるような楽しく癒される内容だった。

正直今でもマイベストゲームだから当時の画像が全然残っていないのが悔しいし、スマホ時代にリリースがあればもっと延命してたと思えて仕方がない。

勿論、イベント用の有料アイテムもありました。3000円程度だったと思う。データも残っていないので違ったらごめん。

一回のイベントにかける金額として安くは感じなかったものの、そこは大好きなゲームへの投げ銭。思い切って買いました。

やっぱりかわいかったし、イベントも楽しめて満足でした。

例えその直後に

サ―ビス終了のアナウンス

があったとしても、後悔はしなかった。



はい。

私の初課金は、サービス終了告知のオマケつきでした。


「課金直後にサービス終了」をリアルに経験したんだけど、後悔は全くなかった。

むしろ寂しさしかなかった。私がもっとお金持ちだったらとも思ったw。

それくらい大好きなゲームだったから。

どんな気持ちが一番大きい?

ここから、見えてきたことがある。

丸ごと好きであれば、
後悔は生まれにくい説

だ。


「お金を使った」自分の行いより「好き」の気持ちが強ければ、後悔は生まれにくいのではないか。

これはソシャゲ特有の現象ではなく、アイドルなど推しへの投資と変わりません。

女性アイドルの熱愛が発覚すると、写真やグッズを燃やした画像をアップするファンがいます。ネタなのかマジなのかわかりませんが、あの現象にも同じことが言えます。

「推しが好き」以上に「裏切られた・損した」というショックの方が大きいのです。

ソシャゲに普段抱えている想いを大きく動かすのが、課金という行為なだけなのです。

管理人
管理人

私も推しの結婚にショックを受けたタイプなので、わかるけども…

後悔しにくい課金をしよう

Hans BraxmeierによるPixabayからの画像

楽しみたいのに課金を我慢し続けるのはツラいです。それに、惚れたゲームや推しにはお金を使いたくなるものです。

楽しく遊ぶためには、また後悔しない課金を行うためには、どうしたらいいのでしょうか?

私は、後悔しにくい遊び方ができるんじゃないかと考えてます。

ポイントはひとつだけ。

課金をしようか・続けようか迷っているなら、課金する理由を挙げてみる。

  • このゲームを応援したい!
  • イベントが大好き!やり切りたい
  • レアがこなくてもガチャしたい

高レアや推しが出なかった時まで楽しめるかどうか?

「いい結果」ではなく「ガチャをする」そのものが好きか?

先ほど挙げたように、結果を限定せず応援できるか…に尽きると思うんですね。

逆に気をつけたいのが、好きとはとても言えない理由による課金です。

  • ランク維持したいから無理やり…
  • 推しがこないからヤケクソ
  • 他より優位に立ちたいから

優位に立ちたい欲求と課金は、全く別の問題です。

課金でゲームとは関係のない欲求を満たそうとしているので、別にそのゲームじゃなくてもいいはず。

ゲームは手段。ここに気がつかず課金すると、後悔は出やすいと思います。

決済ボタンを押す前に自分に聞いてみると、未来の後悔を減らせるかもしれませんね!

おわりに

もちろん、運営側にも課題はあります。

ユーザーの目は厳しく、類似サービスも多く、安定したサービス=安定した売上というワケでもなく、数字が求めつづけられる世界です。

しかし調整を繰り返しユーザーの不信感を煽ると、結局は売上に跳ね返ります。

ユーザーの不満を取り除いたり満足度をあげていくという、ビジネスとして基本的なことを実行できる企業が少ないのが現状ではないでしょうか。

長いゲームの歴史で見ると、まだ生まれたてのソシャゲ業界。

人間が考える以上の可能性を秘めているのがインターネットの最大の魅力であり、希望ではないでしょうか。

∀`*)コメントする?

タイトルとURLをコピーしました