Last updated 19.11.08 -【スピ】既にあるって、どういうこと?

【小ネタ】かわいい!面白い!私にピッタリ?!誰でも取得できるイイ感じなドメイン集めた

ドメイン解説アイキャッチ

更新履歴
2019年10月12日 内容全リニューアルして再公開
2019年01月28日 初公開

サイトを始める時に、ドメインについて情報収集しました。その後、それらをまとめた記事をアップしたものの、まとまりのなさに気持ちが悪くなり笑、非公開に。

お蔵入りのままも勿体ないかなと思い、前回とは違う視点…今、どんなドメインが存在するのか?まとめてみました。ちょっとした読み物になればいいかなと。文字列マニア注目です?!

その前に、本記事で紹介するドメインについて軽く触れておきます。

... Sponsored Link ...
... Sponsored Link ...

ドメインって何?

当サイトだとブラウザのアドレスバーに、以下のように表示されます。

ttps://tonikaki.net/*******

この「tonikaki.net」の部分が、ドメインと呼ばれるもの。インターネット上の住所として働いてくれます。

これを更に分解すると、以下のように分かれます。

tonikaki
.net

「tonikaki」は自分で好きに作れるのですが、「.net」は販売・提供サイトから取得します。本記事では、この取得するドメインについてまとめております。

カテゴリ別にパッと確認したい方は、以下のリンクをお使いください。

信頼大事!定番ドメイン

Photo by Tobias van Schneider on Unsplash

ドメインは、検索結果でユーザーが最初に目にする情報。知らない人にも見てもらえるよう定番を使うことで、アクセスしやすく&サイトや企業イメージを守ります。無数にある情報のなか、信頼感は重要な要素です。そんな歴史あるドメインを紹介。

.com

1985年に創設。commercial(商業)という言葉から派生しており、元々は商業団体向けドメインでした。

誰でも取得できるようになった今は、個人利用もされています。『価格.com』など企業がサイトの名前に利用することも多く、ドメインに詳しくない方でも耳馴染みはあるのでは。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.net

1985年に創設。network(ネットワーク)に由来しており、元々はネットワークに関連する組織を対象としていましたが、こちらも今では個人取得が可能なドメイン。

当サイトも使っています。サイト名との語呂が良かったよ(そうですか)。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.jp

1986年に創設。国別ドメイン(=国や地域などのエリア別に割り当てられたドメイン)日本を表します。日本レジストリサービスという団体が管理しています。

取得できるのは日本国内に住所をもつ個人、団体、組織のいずれかに限られているため、定番ドメインのなかでは比較的高値(年2,300円程度)ですね。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する


ドメインを選ぶ際の定番と言ったらこの3点です。どの販売サイトでも取扱いがある位、断トツです。当分この3強が崩れることもないでしょう。

直接触れることができないネット社会では「信頼」がいかに重要かが見えますね。

安いモノには…?低額ドメイン

TooMuchCoffeeManによるPixabayからの画像

安いモノにはワケがある―昔から言われる言葉ですが、ドメイン界にも当てはまるようで…。よく目にするけど、定番と比べると馴染みの薄いドメイン、ありませんか?実はそれ、安売りされがちな文字列でもあるのです。

管理人
管理人

個人的には印象悪いので、使う気はゼロキロカロリー

.info

2001年、Information(情報)を意味するドメインとして始まりました。キャンペーン、ニュース情報など様々な情報発信サイトに適します。

が、商用に適したドメインは他にもあるためか、初年度260円と週刊少年ジャンプ一冊分で年契約できる安さです。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.xyz

2014年に誕生。アルファベットの最後「xyz」は他ドメインたちと異なり、具体的な意味を持たないため縛りが少なく使え、年々見かけることが増えてます。確かにちょっと、オシャレな気がしないでもない。

逆に言うと、軸がないとも考えられます。用途が自由という売りはありますが、運営側は趣味だったり扱うジャンルだったり、何か目的があるものです。ある意味で不自由でもあるんですね。

その結果なのか、1円で取得できることがしばしば。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.work

2015年に誕生。「仕事、作品」などを表します。

某ドメイン販売サイトではこちらも1円。単語から連想されるモノコトが限定されるのと、仕事・作品どちらにしても抽象的で微妙に使いにくいことが考えられます。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する


個人が収益目的で取得する場合、ドメイン代はできるだけ安く済またいもの。儲けるために使いやすいドメイン=安価なドメインが狙われます。

そうすると、上記のような手を出しやすいドメインで儲けしか見ていないページが量産されやすくなるんです。

低額ドメインは他にも沢山あるのに、よく見かけるドメインが限られるのはこういった背景があるのですね。安いモノには、安くなる理由があった。

無理なく使う!自然派ドメイン

Free-PhotosによるPixabayからの画像

頻繁に見かけるような派手さはありませんが、個人が自然に使えそうなドメインを紹介します。

.today

2013年に誕生。「今日」を表すドメイン。日記や日々の食事など、毎日更新するサイトにはピッタリですね。

当サイトだと『tonikaki.today』になるのか。どちらかと言うとドメインよりサイトタイトルっぽく聞こえるので、URLとしては疑問に思われるかもしれないかな?使ってるサイト見たことないし…。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.life

2014年に誕生。「生命・生活・人生」などライフスタイルに関するドメイン。

個人の日記にも使えるような自然さがよき。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.website

2014年に誕生。「ウェブサイト」を表します。そのままなので使いやすそうだけど、『.net』なんかと変わらないニュアンスなので、わざわざコレを選ぶ理由もないか。

だからかな、価格は安いです。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

インパクト狙う?個性的ドメイン

Photo by Samia Liamani on Unsplash

近年は短縮URLやSNSからのワンタップ流入も増えたため、独自色を重視した運営もしやすくなりました。メジャーではありませんが、個性あるドメインを紹介します。

.me

2007年に誕生。「私・自分」を表すドメインですが、モンテネグロに割り当てられた国別ドメインでもあります。

短くて発音しやすい文字列が印象的。私もとても気に入っています。取得はしてないけど。

企業だと、無料漫画サイト『スキマ』が使用中。国別ドメインが気にならないなら持ってもいいかも?

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.holiday

2014年に誕生。「休日」を表します。リゾートや休日関係のサイト向きとのことですが、毎日が休日(のつもりで)なドメインも面白そうですね。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.lol

2015年に一般登録開始。「laugh out loud(声を出して笑う、大笑いする)」の略で、海外の投稿で見られる「lol」…つまり(笑)の意味に近いとされています。

お笑い番組、お笑い芸人や面白いコンテンツを集めたサイト向きで用途は限定されますが、インパクトは抜群ですね!

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.love

2017年に誕生。「愛、恋愛、愛着があるもの」を表します。ザ・直球。

ラブというペットを飼っている方や愛を大事にしたい方には向いているんじゃないですか。

テーマが扱いにくいですけど、ラブという単語を使った曲も多いですし、工夫次第で面白さはあるドメインかと。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.ooo

2016年に誕生。意味を持たず自由な用途に利用できるドメイン。軽い気持ちで取得するには少々高めなドメインですが、余韻残してるみたいでかわいいですね。

管理人は学生時代、友人との手紙のやりとりで『…』を『。。。』と書いていた年代なので、なんだか懐かしい表現だなと。伝われ。

ただ検索エンジンで見かけたとしたら、このサイト大丈夫か?とは思うわ。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

ひよさん
ひよさん

 

ちなみに「.xxx」というドメインもあるんだけど、アダルト専用です。残念。

同名さんいらっしゃい!名前ドメイン

rawpixelによるPixabayからの画像

ネット社会はまだまだ匿名が一般的ですが、近年は名前を公開して運営する方も見られます。そんな「苗字・名前」と同名のドメインを紹介します。

.uno

2013年に誕生し、スペイン語で「1」を表します。スペイン的活動におすすめらしいですが、日本的には宇野さん、河野さん、松野さん、うのさんなど名前と絡めて運用できるのは楽しそうです。

あとウノやりたくなります。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.nagoya

2014年に誕生。名古屋の地名を表すドメイン。名古屋に関連する企業・ビジネス・サイト向け。全国の名古屋さんにも。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.moe

2014年、株式会社インターリンクが、オタク文化から生まれた「萌え」を表すドメインとして開発。

今、萌えって言葉そんなに使うかなー。SNSの普及でオタク言葉ってものすごく増えましたからね。というワケで全国の“もえ”さんに。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.ai

2018年に一般登録開始。イギリス領アンギラ島を表す国別ドメイン、そして「AI(Artificial Intelligence=人工知能)」を想起させるので、人工知能に関連する用途だそうですが、かなり未来系ドメインなような…。

阿井さん、愛さん、藍さん、亜衣さん向け。…あ、いや年間10,000円以上と高級なドメインなので、ネタ的な感じでの紹介でした。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

好きを極める?!趣味的ドメイン

whoalice-mooreによるPixabayからの画像

特定のカテゴリ・コンテンツを表すドメインは結構多いんです。今回はその一部をピックアップ!

.photos

2013年に誕生。「写真」を表します。写真がメインのサイトに。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.hiphop

2014年に誕生。「ヒップホップ」を表します。ダンス好き、ヒップホップファン向け。

なんとなく明るい雰囲気もありますね。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.training

2014年に誕生。「トレーニング」を表します。

ジムや運動の記録から関連商品のレビューまで使えそうです。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.coffee

2014年に誕生。「コーヒー」を表します。珈琲好き、極めたい方必見?!

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.beer

2014年に誕生。「ビール・麦芽」などを表します。

ビール好き、様々なメーカーのビールを飲み比べている方は是非。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

.fan

2018年に誕生。「ファン」を表します。

特定のコンテンツや人物に関するサイトにはピッタリ。大手感でそう。

>>大手サイトの販売有無を表で確認する

販売サイト早見表

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

.com .net .jp

大手ドメイン販売サイトならどこでも取扱いがあります。詳しくはコチラ

.info .xyz .work

大手ドメイン販売サイトならどこでも取扱いがあります。詳しくはコチラ

.today .life .website

大手ドメイン販売サイトならどこでも取扱いがあります。詳しくはコチラ

.me .holiday .lol .love .ooo

大手ドメイン販売サイトならどこでも取扱いがあります。詳しくはコチラ

.uno .nagoya .ai .moe

販売サイト名ドメイン名
 .uno.nagoya.ai.moe
お名前.com×
バリュードメイン×
ムームードメイン×
ゴンベエドメイン

.moe」は株式会社インターリンクの開発につき、 ゴンベエドメインでのみ取得可能です。

また、販売サイトによっては長期契約が条件のドメインもありますので、詳しくは各サイトをご確認ください。

.photos .hiphop .training

大手ドメイン販売サイトならどこでも取扱いがあります。詳しくはコチラ

.coffee .beer .fan

販売サイト名ドメイン名
 .coffee.beer.fan
お名前.com
バリュードメイン×
ムームードメイン
ゴンベエドメイン

大手ドメイン販売サイトならどこでも取扱いがあります。詳しくはコチラ

 

ドメインに興味でてきた…

ついでに取得方法と、大手販売サイトの特徴も説明しますね。

ドメインを持つ方法は無料取得と有料取得に分かれます。しかし、無料で取得できるドメインは極一部だけなので、ここでは省略します。

自分で文字列を選びたい場合は、ドメイン販売サービスからの有料購入が必要です。

有料購入するメリットは、人気の文字列を取得できる点と、ドメインの登録者情報(WHOIS情報)を代行してもらえる点。

特に取得時に入力する情報は個情報ですので、登録者情報を代行してもらえるサイトの利用は必須だと思ってます。大手販売サイトはほぼ代行サービスはあります。

正直ココがクリアされていれば、あとは価格と取扱ドメイン、提供サービスの若干の差です。

お名前.com


【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

利用経験なくても「あ~URL売ってるサイトね」と、見たことはある方も多いのでは。

ドメインの種類は550種類以上そしてドメインが最安取得しやすいのもココって感じが一番多いかな。

ただ、あの、利用すると広告表示が多くなります(アクセス履歴から広告表示するアレ)。広告ブロックアプリとか使ってから影響薄いかもしれないけど。

変なところで印象が落ちるのは、残念ですね。

エックスドメイン

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

定番ドメインが安定して安いです。取扱いの種類は多くありませんが、よく見かける系を使いたい方は選択肢としてアリ。あとサイトが見やすい。これ超大事。

レンタルサーバーを一緒に使うとドメインが無料になることもあり、レンタルサーバーもまとめて済ませたい方にもオススメ。

バリュードメイン

ドメイン570種類以上!独自ドメインをお手頃価格でらくらく取得

こちらも定番系は結構安い。500種類以上のドメインを取り扱っています。一覧にドメインの持つ意味も掲載されているので、わかりやすいです。

私も登録していますが、全体的に見やすくて操作しやすいところが気に入っています。

ムームードメイン


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

申込総数400万件!多くの企業でも利用しているサービスです。年間69円からドメイン取得でき、連携しているレンタルサーバー「ロリポップ!」と組み合わせて申込むことで、低コストで本格的なサイト運用も可能になります。

ロリポップ、月額数百円と続けやすい金額で使いやすいらしく、私も乗り換え検討中…。

ゴンベエドメイン


日本最大のドメインデパート「ゴンベエドメイン」

ココの強みは1000種類以上の取扱い数です。ココにしかないドメインもあります。本記事内のドメインだと「.moe」はココだけです。

その代わりドメインによっては他より少々高値です。

『この文字列なんだよ…』的なドメインも多くありますが、未来を先取りたければ要チェック?!

∀`*)コメントする?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました