サイトや管理人についてはコチラをタップ!

【必読】少女漫画の真骨頂は、清水玲子の名作読切『MAGIC』にある

5.0
漫画・書籍 趣味
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

漫画好きだった母の単行本を譲り受けたこともあり、学生の頃から単行本は数百冊と溜め込みました。

当時の単行本は殆どありません。10冊程度残して全部処分しました。

(その後再び漫画を読むようになった今思えば、惜しいコトをしましたが)

その時に

これだけはどうしても残したい
何度も読みたい

と強く思った一冊。

昔の単行本ですので、作品情報・あらすじ・感想を詳しく紹介します。

MAGIC
清水玲子/白泉社
初版発行:1997年02月01日

ISBN:4592124944
収録作品
・MAGIC 平成8年ララ9~10月号掲載
・サイレント 平成5年ララ7月号掲載

あらすじ

MAGIC

14年前、宇宙のハテである惑星サシャで起きた宇宙船墜落事故。

銀河系で最も美しいとされた女性「KANA」は、この事故で消息を絶った。

KANAの娘とされている少女・花七、そしてKANAのかつての恋人・遠留は、その曰く付きの惑星に降り立つ。

花七はKANAと他の男との間に生まれた子であったが、遠留は花七に対して父親のように接してきた。

花七はそんな遠留に異性として好意を抱くようになる。しかしその好意を拒み続ける遠留は、ついに花七を怒らせてしまう。

花七を突き放し続ける理由が、遠留にはあったのだ。

一方、宇宙船の乗組員たちには「ある不思議な現象」が見えはじめる。そしてその現象が、遠留と花七の運命を変えるー・・・

遠留と花七に明かされる本当の関係、そして惑星サシャの驚きの実体とは?

サイレント

松沢碧のパーソナルデータを把握している、同じ学校の女子生徒・

葵は碧の衣替えを楽しみに今日もカメラを構え登下校を眺めているのだが、碧には衣替えしない理由を持っていた。

そんな時、葵や碧の周辺で傷害事件が発生する。

その物的証拠として報道されたのが、葵しか知るはずのない「ある物品」で・・・?!

作品感想

 MAGIC

20年前の作品をネタバレ考慮しつつ紹介するのはおかしな気はしますが一応。

少女漫画の真骨頂が、ラスト3ページに込められています。

もうね、これだよこれ。
少女漫画のテーマってこの3ページだと思う。

何回も読んでるから結末はわかってるのに、毎度涙を搾り取られる。

この作品の絶頂は、ラスト3ページにあると私は捉えています。

展開そのもので見ると、遠留と花七はハッピーエンドとは言い難いです(特に遠留視点)。ただ花七視点だとそうとも言い切れないラスト。

作品には描かれていないラストのその先は、希望を連想させます。

それと、広げた風呂敷を見事に畳んでくれる世界観ね。何度も潜って読み返したい。

清水玲子作品は数多くありますが、短編ということもあってかその中でも本作は作者の世界観が際立っていると感じます。

「ジャックとエレナシリーズ※」も近い雰囲気の作品ではないかな。

※ジャックとエレナシリーズ(J&E)
「生殖能力」も「食欲」も「死」もないが「感情」はあるロボット・ジャックとエレナのお話。清水玲子の初期の傑作。

単行本化にあたり加筆修正した作品だそうですが(単行本ハシラより)、本誌掲載バージョンも読んでみたかった!

 

 サイレント

二人の学生の間に起きるサスペンスという感じでしょうか。

碧にはある目的があるんですけど、ラストが想像つかなくって気になる展開です。

こちらもこちらで魅力的なんだけど「MAGIC」に魂を持って行かれた身としては、印象が残りにくかった…。

「MAGIC」が非日常とすると「サイレント」は日常という感じで、色んな意味であっさりした作品に感じるんですね。

もちろん「サイレント」のほうがハマるひともいると思いますが、私はまぁ、断トツでMAGIC派です。


清水玲子作品のおすすめとして「輝夜姫」や「秘密」など、比較的最近の作品があげられることが多いです。

が、20年ファンやってる身としては

それより前の作品を是非読んでもらいたい!!!

うまい言葉が出てこないんですけど「昔の作品はちょっと」と思う方でも!!!作者さんの才能に惚れるよ・・・!

単行本情報

初出は1997年に花とゆめコミックスから刊行されました。古いです。

私も自分で買ったわけじゃなく、母からもらったもので。ページがすっかり焼けています。

花とゆめ版での配信はありませんが

「MAGIC」「サイレント」ともに文庫化されているので、文庫版を購入すると両方読めます。

※表紙に変更あります

パピヨン

[著]清水玲子

清水玲子・白泉社文庫
収録作品
パピヨン/MAGIC/サイレント
初版発行:2002年03月20日 ISBN:9784592887157

電子書籍

単話配信はなく、文庫版「パピヨン」1冊配信のようです。

めちゃコミック以外なら大手コミックサイトで購入可能。

この記事を書いた人
ちゅる

北海道の30代女性。

周りの評価欲しさに仕事を頑張ったら、心身が壊れて20代が強制終了。

強制終了の原因は自分だと気づいたので、思考や心の話から趣味に関する情報まで発信中。

Twitterでは「今日の気付き」的な言葉を毎日つぶやいてます。

>>詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スキマ
スポンサーリンク
スキマ
とにかき。―とにかく何かに書きたいのです。

タイトルとURLをコピーしました