リライトが追いついておらず、一部見づらかったらごめんなさい~

自分の「性」に向き合えば、隠れた「生」が見える―悩める人へ『ボコ恋』のススメ

4.5
5933179によるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。

今回紹介する作品は、「性欲」と向き合うことで自分の「生」が見えてきた、ある女性の出来事を赤裸々に綴った実録エッセイです。

タイトルやあらすじを見て、ラブやエロ展開を求めて読むと期待外れですぜ。

その代わり、多くの女性の背中を押してくれる作品になるはず。

『実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。』

実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。/ ペス山ポピー

ネタバレ要素があったほうが興味を持たれる作品だと思い少しだけ入れていますが、明確な表現はしていませんのでご安心ください。

 

あらすじ・書籍情報

23歳、処女、恋愛経験なし。だけど「好みの異性にボコボコにされる状況」に興奮する。その欲求を満たそうと男性と会うも、プレイの難しさに心は病んでいく…
そんなある時、似た感覚を持つ男性からメッセージがくる。そして限界寸前まで殴られ蹴られー初恋がはじまった。

性的嗜好がこじれまくった作者が落ちた恋とは?そしてその後に起きたことは?ちょっと過激な初恋エッセイ。

くらげバンチ 完結 

>>作品公式ページ 1巻 2巻

感想

Photo by DESIGNECOLOGIST on Unsplash

読んでよかった…

タイトルと単行本の表紙だけ見て『モラ男に殴られ続けるうちに大好きになっちゃう話か?』とか思ってごめんなさい。

全然違いました。

描いてくださりありがとうございます。

これを「マゾヒズム」で包むのは、彼女の表現の一部を切り取り、それを存在する言葉の中から近い表現を当てはめているだけで、もっと根元はややこしい。

匿名とはいえ、自分の性的嗜好からセルフ行為の方法wまで描くって、かなり勇気のいると思います。

フタをされがちなこのテーマをストレートに綴る姿勢は純粋に『読んでよかった』と感じさせてくれるはず。

 

もがいたから見えた、女という箱

著者・ペス山ポピーさんの根っこは、非常に複雑。

ずっと抱えていた欲を満たそうとした結果「女」という箱も開くことになるのですが、そこに辿り着くまで生き辛かったでしょうね。

性的嗜好を=独立した欲求と捉えず、そこから始まるザワつきに病みつつも付き合ったから、最終回のあの描写に繋がったのだと思います。

そしてこれは、ペス山さんだけでなく私たちにも同じことが言えると感じます。

男性も読める…とは思いますが、多分制作側は読者層に想定してないんじゃないかな。

 

なぜ女性にオススメしたいのか

女性は男性より限界を感じやすい性だと私は考えてて。生きてるだけで当たる壁が男性よりも多くあると思うんですね。女性蔑視でもなんでもなく。

それは「性的嗜好を満たす選択肢」を見ても明らかで。そこには男性と女性の性の違いがあって。

仮にペス山さんが男性であれば、殴ってほしい欲を叶える選択肢はもっとあったでしょう。それどころか、そもそも性的嗜好で大葛藤しなかったかもな。適当に処理できていたかもしれない。

…ってことは。

自分と向き合うこともなかった可能性だってある。

つまり、女性という「性」に何かしらのモヤモヤを抱えているなら、そこを突くと隠れた自分と向き合える可能性がある…ってことだと思うんです。

ペス山さんは作品内でこれを表現してくれている。

性的嗜好をきっかけに、女性である自分を否定していることに気が付きます。嗜好の問題ではなくなってます。以下、一部抜粋。

性的嗜好を満たそうとしたら、こんなことが見えてきた。

  1. イケメンに殴られたい(起点)

○ 暴力嫌い!…だが身体の一部分が反応
○ 脳内で自分を別の生き物に置き換える
○ セルフ行為の表現が男性的
○ 異性に身体を触れられたくない


ってことはですよ。

逆にね。

自分の奥に眠る「本当の価値観」に触れてもらうために、性的嗜好が大きくなることもあり得るんじゃないかな~って。

無意識が気付いてもらおうと、あの手この手で自分を刺激する。その手のひとつに、性があってもおかしくはないはず。

そこに私はとても「生」を感じました。

面白いね、人間って。


『変態市場はブルーオーシャン』『サキュバスみてえなオカズ』など、タイトルだけでなく表現も独特で面白く、そして、読んでいてジワジワと涙が出てきた作品は久しぶりです。

ぜひ。

来店やレビューでポイントが貯まる
無料会員登録で半額クーポンGet!
新規登録で1冊分ポイント還元!!
Amebaが運営する漫画サイト

 


女性観も男性観も歪んでいる私が言うのもアレですが…

一般的に特殊と言われる性的嗜好はなくても、アチコチにある・いる「女」を見て感じる『自分はああじゃない』なんて違和感って感覚は、結構わかる。

別に感じなくていいのに、自分にある「女」と世の中にある「女」のズレを一緒にしなきゃ!という焦りや不安。

年齢を重ねて強くなる『男が羨ましい』という気持ち。

作品序盤にある「抑圧された(した)性的欲求=投獄、懲役」の描写は悲しいけれど、わかるなぁ…。

そんな、決めつけなのか諦めなのか余計な荷物は年々増えている身には、くるものがありました。

肉体上変えられない女の部分はありますが、それ以外は自分で作っていけると理解できたら、いいかなと思う。

タイトルとURLをコピーしました