カスタマイズ編集中。表示崩れの場合がありますが、お許しください~。
スポンサーリンク

『悪魔のメムメムちゃん』に惹かれ続けている【あらすじ・感想】

5.0
漫画・書籍 趣味
スポンサーリンク

始まりがあれば終わりがある。わかっていても、この世界は(気持ち的な意味で)ずーっと続いてほしい…そう思える漫画を紹介します。

2021年春、週刊少年ジャンプ+の人気作品『悪魔のメムメムちゃん』は、最終回を迎えます。

……。

はあ~~~~~(あからさまなため息)。

いや、作者さんが公言された段階で心の準備をし…ようと思ったのだけど、やっぱり寂しいままですね。好きな作品であればある程。

じゃあ、いち読者の私にできることをやろう!と、今更ながらオススメ記事を書いて、本作の魅力を残そうと思う。

作品が完結してからであっても、より多くの漫画ファンに読んでもらえるように。

悪魔のメムメムちゃん


『悪魔のメムメムちゃん』は、集英社が運営するウェブ漫画サービス「少年ジャンプ+」にて、隔週火曜日に連載中。単行本は現在11巻。最終12巻は6月頃の予定だそう。

Renta!で読む
悪魔のメムメムちゃん 1

悪魔のメムメムちゃん 1

悪魔のメムメムちゃん 2

悪魔のメムメムちゃん 2

悪魔のメムメムちゃん 3

悪魔のメムメムちゃん 3

悪魔のメムメムちゃん 4

悪魔のメムメムちゃん 4

悪魔のメムメムちゃん 5

悪魔のメムメムちゃん 5

悪魔のメムメムちゃん 6

悪魔のメムメムちゃん 6

悪魔のメムメムちゃん 7

悪魔のメムメムちゃん 7

悪魔のメムメムちゃん 8

悪魔のメムメムちゃん 8

悪魔のメムメムちゃん 9

悪魔のメムメムちゃん 9

悪魔のメムメムちゃん 10

悪魔のメムメムちゃん 10

悪魔のメムメムちゃん 11

悪魔のメムメムちゃん 11

Coming
Soon…

あらすじ

物語は、1人の少年が寝ている場面から始まります。この少年の名前は「小日向ひょう太」。ただの足フェチな優しい高校生である。

何処かからエッチな声が聞こえてくるので、思わず体を起こしてしまうひょう太。しかし、そこにいたのは半泣きの悪魔…と思われる少女。

聞けば、こういうことらしい。

  • “メムメム”という悪魔である
  • 人間を誘惑し、魂を取るのが仕事
  • でも全然ダメで、成績が悪く困っている

ひょう太とやり取りをしているうちに、ひょう太の魂に手応え(?)を感じたメムメムは、連日部屋に訪れるようになる。

一旦はひょう太に外に出されたメムメムは他の人間の所へ出向くも、相手の欲に耐えられず、ひょう太の部屋へと再び戻ってくる。

「近いうちに魂を取れそう」と更に手応えを得たメムメムは、ひょう太の部屋に住み着くようになったのだった…。

\ ブラウザでスグに読める! /

登場人物

回が進むにつれ登場キャラクターは多くなりますが(特に魔界関係)、ここでは基本メインとなる登場人物をピックアップします。

メムメム

  • 魔力の低い悪魔。
  • すぐ調子にのるタイプ。
  • 泣くと光ることもある。
  • セクシーなもの(女体など)に恐怖を感じ、時に気絶することも。特に豊かな胸が苦手。人間の魂が取れない理由のひとつ。
  • 連載前よりも等身が縮み、2等身にされた。

小日向 ひょう太

  • 16歳の高校1年生。
  • 五木壮に下宿中、メムメムに居着かれてしまう。
  • 杏ちゃんのことが好き。だが、なかなか関係を動かせない。
  • 年頃の男の子らしく、守備範囲は広いようだ。
  • 特に「脚」に弱い。

五木 杏(いつき あんず)

  • ひょう太が恋する女の子。
  • 同級生かつ、ひょう太の大家さんの娘。
  • 胸が大きいことを気にしている。
  • 母がセクシーなことを気にしている。
  • 妹がいる。

ひょう太の大家さん

  • 杏の母。
  • 巨乳美人であり、セクシーさがヤバいらしい。
  • そのためメムメムから「ボス」扱いされている。

黒野 雨(くろの あめ)

  • ひょう太の同級生で、杏の友達。
  • 丸眼鏡が特徴。
  • 常に冷静でツッコミもクールだが、意外とチョロイ説がある。

魔人

  • 魔界にあるランプの魔人。
  • メムメムに呼び出されてしまった。
  • とはいえメムメムがマスターであることに変わりはなく、ひょう太の部屋に居候中。

魅力のポイント

かわいい絵柄+高い画力+安定感のコンボ

まず、作者さんの絵柄そのものが、大きな魅力。とにかく絵柄がとってもキュートで丁寧。

思わずニヤっとしてしまうかわいさで、「エッチな場面」であっても良い意味でエッチ感がない。かわいいんだよ。

作者公式Twitterより

作品は「ちょっとエッチなラブコメ」という紹介のされ方ですが、実際はコメディ&ファンタジー色が強く、そういった内容が苦手な方でも、電車の中でも安心して読めるぜ!

って感じ。

プラスして、画力の高さも要チェック(これはアシスタントさんが増している部分もあるでしょうが)。特に魔界回、登場キャラクター大集合の回などで、よ~~く確認できます。

是非、魔界のお話は魔獣や背景なんかも、じっくり見てもらいたい…!


そして、なんと言っても絵柄も内容も「安定感」が素晴らしいのだ!!

特に長期連載の漫画は、絵柄や線が変化していく作品も多いですよね。序盤と終盤を比べると、誰?という感じに雰囲気が変化してしまうことも…。

これは当然のことで、作画環境が変わらなくても、体調などで絵柄は意図せず変わるもんだと思います。ただ趣味で絵を描く程度の私でもそうなりますもん(趣味とプロを比べるなって意見も、わかります)。

隔週連載でこんな高いクオリティが保てるのか…と、ただただ尊敬。この辺りは、さすが『ジャンプ+』の人気作品なだけある?!

Twitterで2度おいしい?!

作者・四谷啓太郎さんのTwitter(@ezweb_dylan)では、ネームやペン入れの原稿が時々アップされます。

完成前の原稿フェチとしては、たまらない投稿だらけだよ。

作者公式Twitterより

ネームの段階でメムメムみがすごい……。

これ何話だったっけ?とか、最新話のこのコマだったんだなとか、探すのもまた楽しい。

これは、Twitterの良いところかなと思います。執筆過程も見せてくれる作者さん(と担当さん?)に圧倒的感謝です。真面目に、まとめてファンブックにしてほしい位ですもん。

内容がアツい!

見た目だけじゃなく、中身も良い。一番はセリフというか、ツッコミや言葉のチョイスが素晴らしい。キレッキレで笑っちゃいます。時々話の始まりに入る「キャッチコピー(※担当さんが考えていると思われる)」すらクオリティ高い。

だから、読んでいてとても楽しい。イヤな感じが全くない。

どんどん読みたいです。

個人的オススメ回

『週刊少年ジャンプ+』は、ウェブとアプリで展開されています。そのため、単話読み(単話購入)が可能です。

女性A
女性A

まず単話で読んでみるかな~どの辺がいいの?

『悪魔のメムメムちゃん』は基本的に1話完結形式ですが、終盤ともなると続くパターンも増えてきました。そこで、お試しとして読みやすい回を選んでみました。

19話

杏ちゃんが○○なことになる回。メムメムが如何におっぱい的なものが苦手か、よくわかる回でもあります…。

>>19話をジャンプ+で読む!

25話

人気キャラクターである「魔人」初登場の回。なんやかんやで魔人を呼び出すことに成功したメムメム。願いを1つ叶えられる権利を得た彼女の答えは…?

>>25話をジャンプ+で読む!

45話

軽いノリで“ある人”を助けたメムメム。流れで、ある人の原稿を手伝うことに。その原稿とは…?!

これは最初から読んでいるほうが登場人物が理解しやすいですが、手伝い中のメムメムがかわいいのと、原稿のインパクトがすごいので入れました。

>>45話をジャンプ+で読む!

番外編&一部回は登録不要で読める!

通常連載がお休みの週は、番外編が更新されます。1~2ページの更新ですが、作品の雰囲気を覗くことができます。

また、冒頭3話+最新3話も、番外編と同じく会員登録などなくスムーズに読めますので、こちらも活用してみてください。

\ ここのリンクから読めるよ! /
[0話]悪魔のメムメムちゃん - 四谷啓太郎 | 少年ジャンプ+
ヤレない・エロくない・がんばらない。稀代のポンコツ淫魔・メムメムちゃんが魂求めて奮闘するちょいエロコメディー!!

タイトルとURLをコピーしました