Twitterでは「今日の気付き」を毎日投稿中!

【あらすじ・感想】ラストまで読めば、かのんと繋がる『あげくの果てのカノン』

5.0
漫画・書籍 趣味
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク
ざっくり書くと…
  • タイトル・表紙からは想像つかない内容
  • ここまで応援できない主人公も珍しい
  • 他の人の感想も気になっちゃう…

あげくの果てのカノン
米代恭
ビッグコミックス・全5巻

* * *

高月かのん、23歳。高校時代から想い続けた「先輩」とバイト先で再会した。先輩から言い寄られても、燃えてはいけない。だって先輩は国のヒーローで、結婚しているから…。

「SF×不倫」異色の恋愛を描く、話題作。

あらすじだけ見て読み始めたら、良い意味で裏切られた。

だって、タイトルとあらすじからは全く想像がつかない本編なんだもん。びっくりしたよ。

タイトルと表紙を見て興味を持った人は、かなりの確率で

『表紙と中身違くない?』

ってなるんじゃないかな?

おまけにイライラするんだよ。主人公に。だけど色んな視点があるから、他の人の感想も気になるわ語りたいことが沢山出てくるわで、大変な作品でした。

どうしてイライラするかは、読んだらわかります。

では、コミックス各巻のあらすじからいきましょう!あらすじは主人公・かのん目線で書いてみました。

ネタバレあるかもしれないので、感想はタップで開くようにしています。ネタバレ要素OKな方のみどうぞ~。


『あげくの果てのカノン』あらすじ

第1巻

境宗介(さかい・そうすけ)は街で声をかけられるヒーロー的存在。そして、私の初恋の人。この人は、本当にまぶしい。

私はそんな「ヒーロー」と八年ぶりに再会した。バイト先にやってきたのだ。

いや、再会できるのを”待って”いた。

再び顔をあわせるうちに、先輩から一緒の時間を過ごそうと誘いを受ける。嬉しい、けれど困惑する。この言持ちは成就してはならないから。

先輩はもう、人生の伴侶がいるのだから―。

ほんの数話で主人公・かのんが抱く「境先輩への狂信的な想い」がわかるのもすごい。それも詰め込んだ展開、というよりも、自然に発揮されている。

先輩との関係を聞かれて、答えになってない返しをしちゃうところ(無自覚)とか、行動を他者に指摘されてマジ切れする盲目な感じが、よく描かれていますね…。

\ コミックスはコチラ /

第2巻

先輩との距離が近付いた途端、先輩が「ゼリー」に襲われた。先輩は今どうしているか、わからない。

これは、罰だ。近付いてはいけない存在に、近づいたから。

そう考えていると、”境さん”が来店した。先輩の奥さんだった。先輩は生きていた。そして釘をさされた。

それでも、高校時代ではありえなかった、先輩との距離に抗えない。

私の想いは、”修繕”をし続ける先輩や、私の存在を知った奥さんを巻き込んで、恋になる―。

かのんへのイライラポイントが貯まってくる第2巻。身勝手さがエスカレート気味。

一応、表面的にはセーブかけているんだけど、その後すぐ「でも」が来たり、自分の存在を否定することで自分の想いを正当化。恋する女としてはわかるんだけど、第11話は本当無理すぎ。…って漫画に突っ込んでしまうわ。

2巻では、かのん弟、先輩の奥さん・初穂さんの素顔、先輩の内心なんかが見えてきます。先輩の好みは、なるほどって感じだね。

\ コミックスはコチラ /

第3巻

先輩から連絡がなくなった。

あるのは、先輩の仕事と同じSLC(異星生物対策委員会)の初穂さんが「純愛」「愛の力」で研究に成功した、というニュースだけだ。

初穂さんがいるのに、ちょっとでもこっちを見ないでほしい。なのに、先輩は私に会いに来る。おまけに、

『逃げちゃおうか』

そう誘われてしまい―、先輩と私だけの、束の間の逃避行が始まった。

誰に何を言われても、かのんには届かない。その時点で答えは出ている、ってことが見える巻。かのんは”この道”しかないんだ。

そして先輩はかのんへの恋愛(あるいは性的)感情はないんだなというのも見える。この作品のすごいところは、ゼリー(異星生物)で先輩が、旦那が心変わりしていくサマをわかりやすくしているところ。

初穂さんの行動はちょっとツッコミどころになってしまう。賢い女性の行動としては軽率というか。不器用な初穂さんは萌えるけど。物語を動かすのに必要なんでしょうね。弟と初穂さんのやりとりがよかった。初穂さんが素で話しているように見える。

\ コミックスはコチラ /

第4巻

SLC内のゼリーが逃げ出したことで、先輩と私はあっという間に現実へ戻った。

避難所の空気に耐えられずにいたら、ゼリーを放したのは初穂さんらしい、という情報を知る。テレビに、私が写る。先輩の密会相手として。

先輩を好きでいると、人に嫌われるんだ。

+++

夜の店で働きはじめたらしいマリに会いに行った。そこに、先輩がいた。

見た目は殆ど同じ。だけど、この人は誰だろう。私の好きな先輩じゃなくて、だけど確かに、私が好きでい続けた先輩で―…。

本当、この巻のかのん嫌い。大好きな先輩()さえ、逃避に使うんだなあって。

ここまで来てわかったけど、かのんにこんなに心を荒らされるのは、自分の中のかのんを見ているんだと思うようになった。身勝手で自己中心的な振る舞いが、自分を抑えつけがちな私の心を刺激してるんだと…思う。

それ位、読んでいて色々感じてしまう作品ってことなんですね。

あと、この巻初登場のキャラクターがいるんですが、面白い子です。もうちょっと見たかったけど、ポジション的には妥当な出番だね。かのんの反応、条件反射なだけと思う。気持ちはわかる。

\ コミックスはコチラ /

第5巻

脱走したゼリーの駆除が終わり、緊急避難命令も解除された。その時に、先輩とさよならした。コレクションは捨てた。

すると、松木平くんがお店に来るようになった。私を心配してくれているらしい。

でも、松木平くんが話すたび、席に座るたび、先輩が重なる。それは、いやだ。

先輩を忘れていくのは、いやだ。

しばらく経って「壁」の中のゼリーが動きはじめたと、テレビでやっていた。画面を見ると、行方不明のはずの初穂さんと先輩が、そこにいた。

そして私は、気が付いた。

予想通りのラストでした。と同時にタイトルに「そういうことか!」となります。

これまでのかのんの視点や表情を見ていると、行動の瞬間は本当に先輩なんだなと。これだけは否定しちゃいけないね。

理解できなくても、人生のムダだと思えても、かのんにとっては「それしかない」のは事実でさ。色んな人を巻き込んでも、それは変わらなかった。それが、かのん。このルートしかないよ。

…なんでこんな穏やかかというと、29話に出てくるかのん→母への手紙で、初めてかのんに共感したからw

ひとりで居られるように、初めから「手の届かない人」を好きになる。成就しないようにね。これって相手がこっちを見る可能性が低いから続く。自分はひとりなんだ、ってのを実感できるように。

そこには、埋まらない孤独感があるのだろう。それを埋めてくれたのが、あの時の先輩だったと。私とかのんは、この孤独の感覚を通して初めてつながりました。

\ コミックスはコチラ /

作品感想(微ネタバレ含む)

各巻あらすじでも書いたけど、改めて作品全体についての感想をまとめます。

(ネタバレ要素あるかもなので、苦手な方はスルー推奨です。)

+++

本作のテーマは「不倫」×「SF」なんだけど、不倫を描きたい作品では決してない。ということをはじめに言いたい。

かのんと先輩の関係がその証拠だと思うのね。

このテーマが先行している部分もあって(実際、担当編集は不倫ものを希望されていたみたいですし)『不倫はダメ』『○○が悪い』などという感想が出がち。

いやいや、この作品は人間の感情がテーマでしょ。ってね。

先輩は「人の心は変わっていく」、初穂さんは「変わっていく心を止めたい」、かのんは「変わっても変わらない」、そしてゼリーが「感情」を、よく表現している。

更に、先輩がヒーロー的職業であること、またその環境が「2人が一緒にいるとどうなるか」を際立たせている。

だから、あんな状況にいても変わらなかった主人公・高月かのんの異質さが目立つのね。

SFを絡めたのは大正解ですよね、とってもわかりやすい。

暴走すると人へ危害や悪影響を及ぼす異星生物「ゼリー」、損傷した肉体の修復作業によって中身も変わるという「修繕」を物語に投入することで、変化のタイミングがよく描かれていますね。

+++

先輩はなぁ。実際にもいそうな男性だね。見た目が良くて、軽くて。良くも悪くも。

先輩にとってのかのんは、修繕で強制的に自分が変化していく過程でほんの一時期、気持ちが向いただけと思う。何があっても変わらないかのんへの憧れ、みたいな。

だから、不倫って言われるとうーんって感じ。文字通り「心変わり」が一番近いんじゃないかな。

初穂さんは、賢い女性の割には行動が軽率なような気がする。でもきっと、なんか意味があっての行動と。やったことはそりゃもう大変なことだけど、ベースはかわいい人。かのん弟とのやり取りに素が見えてて良かったなー。

あと、各キャラクターのちょっとした反応(小さ目のコマとか表情とか)がリアルでいいわあ。

+++

で、主人公のかのんね。単純で一途な女の子。単純で一途だから、残酷ですね。

4巻位までは本当にイライラしたんだけど、ラストに近づくにつれて受け入れられるようになった。

理由は、かのんが感情で動く人間ということがわかったから。あとは、自分とかのんの共通点が見つかった。笑。

かのんにとって先輩がすべてで、その先輩に心が動くもんだから、頭で考えるとかじゃなく、何か感じたら行動なんだ。

それと、5巻のかのんが母に宛てた手紙が大きかった。ひとりが好きだから、振り向いてもらえないような人を好きになる。

これ、とてもわかる。初めて私の中のかのんが出てきた。

振り向いてくれる人だと、ひとりになれなくなるからね。で、ひとりが好きというのも、家庭環境から来ている可能性もあるんだろうなあ。

この手紙は、かのんの心の闇を表してくれているので好きです。ま、かのんの性格もよく出ている内容なんだけどね!

+++

ラストは賛否両論ありそうな雰囲気。私は嫌いでした。予想通りで。

ただ、かのんはこの道しかないと思っているので、そういう意味では納得。

ラストの良さよりも、そこに辿り着くまでの物語に引き込まれる作品だと感じています。

タイトルとURLをコピーしました