審査に5回落ちたサイトを元に解説!Google AdSense合格のためにチェックしたことリスト

サイト運営のこと(&定期報告ログ)
スポンサーリンク

記事数も文字数もたっぷりある。内容にも自信がある。PVも多いわけじゃないけど、そこそこある。

女性A
女性A

なのにアドセンス審査に落ちる!どうして?

そんな【初心者じゃないのに審査が通らないサイト・ブログ】へのヒントになればと思い、私が合格までに行った修正ポイントをまとめました。

当サイトは運営歴も記事数もそれなりなので、“サイト・ブログ作りたての初心者”は想定していません。が、興味あればどうぞ。

重要

アドセンスの審査基準は公開されていません。よって本記事は「当サイトのジャンル・記事内容・環境で合格した」という報告のひとつであり、必ずしも合格のポイントではありません。

内容に自信があるのに受からない、どこを修正すべきかわからない、合格の情報収集をしたい・・・などの参考情報としてお使いください。

合格までの流れとサイト状況

最初に、どんなサイト状況で申請して落ちたかを軽く紹介。健忘録を兼ねてね。

初申請時の状況(非承認)

2019年2月頃
運営期間 約半月
記事数 12(うち自己紹介1)
最少文字数 600文字以下
最大文字数 2700文字程度
プライバシーポリシー
お問い合わせ

サイトを始めた勢いで、とにかくアドセンスに合格!と思ってました・・・即落ちて冷静になれたよ。後に記事を見返すと内容も酷かったし、気持ちが先行したことを反省。

再申請時の状況(非承認→合格)

2020年4月頃
運営期間 1年~
アクセス状況 1500PV~ / 月
記事数 100以上
(検索上位記事もぼちぼち)
最少文字数 407文字(ポエム)
最大文字数 12659文字(漫画記事)
6231文字(心の話)
掲載画像 基本はフリー画像
食レポなどはオリジナル
プライバシーポリシー
お問い合わせ

記事数も文字数も充分、検索上位記事もある。イケるだろ?と思い1年ぶりに再申請!が、撃沈。
非承認理由がメールの文面になく、ヘルプを見てもわからず、ここから迷走します。

でも、結局このサイト状況で合格しました。

このことから、私の場合はPVや記事数などではなく、コンテンツ外に問題があった可能性が高いと考えています。


非承認が続いて、アドセンス画面で見かけるようになるのが以下の文言。

「サイトの利用不可・停止で申し込めません」

「サイトを審査できません」

同じく悩んだ方も多いのでは。これらは、ざっくり言うと非承認と同様です。

私の場合はブランクあけの申請でしたから、コンテンツ以外で非承認の可能性を懸念して、アドセンスの登録情報に漏れがないかイチから再確認しました。

  • お支払い先住所
  • 電話番号(連絡先情報)
  • ウェブサイト(/まで正確に)
  • メールアドレス

短期間に何度も申請するのをやめた

改めて申請するも、非承認。2回目と同じく、その理由がメール文面から辿れません。これが3、4回目の非承認まで続きます。

なんでだろう・・・?

後に気がついたのですが、私は原因と思われる項目を修正したら、その後すぐに再申請を行っていました。

アドセンスの審査は一定期間紐付けが行われ、その期間内に再申請があると機械的に非承認になる、という情報があります。

(アドセンス内コミュニティ「審査に合格する為のサイトの作成方法と再審査の注意事項」より)

もちろん、誰でも必ず弾かれるとは言い切れません。ただ、私は複数回落ちてるので、該当している可能性が捨てきれませんでした。


なので、無駄打ちしないためにも、非承認連絡がきてから最低2週間は再申請しないことに。その間に修正がききそうな箇所をすべて対応しました。

すぐに再申請して良いことは、あんまりなかったし。

記事外に設置していたアフィリエイト(ASP)を削除してみたり、やや性的と思われる表現を健全に修正したり。新規記事も追加したよ。

・・・でも、また非承認でした。これが4月27日。

一体どこが問題なのさ!!!と検索するうちに辿り着いた箇所が、ありました。

「申請URL」を見直した

「アドセンス 落ちた」などで検索すると、サイトURLの入力で困っている方も多く見られます。

結局、URLはどう入力すれば正解なのか?改めて見直してみた。


アドセンスヘルプでは、有効なURLの例として、以下のように案内されています。

有効な URL の例
 example.com
 www.example.com

つまり、両方有効にしておけば間違いないだろうと。

【example.com】【www.example.com】を自分のサイトに置き換えてみよう。どちらを入力してもサイトが表示されるでしょうか?

当サイトは【www.tonikaki.net】だと、サイトが表示されていませんでした。

管理人
管理人

現在は設定変更したので、どちらでもアクセスできます

これは「URLの転送設定」を行うと解決できます。

契約しているドメインサービス元で設定します。サービス元によって多少手順は変わるでしょうが、ここでは【Wordpress / バリュードメイン】の手順を紹介します。

ドメインウェブの設定方法

ドメインサービスにログインします。

ログイン後のメニューバーから「サーバー」をクリックし、契約中のサーバー名を選択します。


取得済みのサーバーアカウントが表示されるので、設定したいサーバーアカウントの下にある「ウェブ」をクリック。


ドメイン情報入力画面が表示されるので、左の「ドメイン名」に【www.+サイトURL】を入力、右の「転送先URL」に【サイトURL】を入力します。

当サイトだと【www.tonikaki.net】【tonikaki.net】という感じ。


入力ができたら「ドメイン設定」をクリックして完了です。


少し待つと【www.】をつけてアクセスしても、サイトが表示されるはずです。

コンテンツを見直した

さて「登録情報もサイトの申請も、もう確認したし!」という方もいらっしゃると思います。そこに問題がなければ、コンテンツの問題ってことになりますね。

私の場合は全部一緒に見直したため、合格の理由に「コンテンツの改善・向上」が影響したかがわかりません。が、一応、改善したポイントを記録します。

アイキャッチ

基本的に、無料で利用できるフリー画像を使っています。Pixabayとか。

何度も審査に落ちてからは「オリジナル画像」を頑張ってみました。審査に関係なくても、今後のためにはなるしね。


以下に紹介する画像は、個人的に気に入っている画像です。

Myriam ZillesによるPixabayからの画像
Myriam ZillesによるPixabayからの画像

ただ、このような画像は既にたくさんのサイトで使われています。どんなサイトで使われているかは、パソコンの場合「右クリック→Googleで画像を検索」である程度わかります。

ご存知の方もいると思いますが、近年のGoogleは【独自性(オリジナリティ)】が重視されているそう。

サイトのカテゴリによっては、独自性を記事に盛り込みにくくても、画像であれば取り入れやすいです。

大手やメディアサイトでフリー画像はかなり見かけますから、オリジナル画像による評価はそれほど大きくないのかもしれません。

それでも、評価に悪影響することはないかなと感じます。個人サイトなら尚更。

人気記事の更新

当サイトは現状、ほぼ検索流入頼み。

当然、アップして間もない記事はアクセスもありません。公開して半年以上経っても累計20PVとかもあるのね。さすがに笑ったけど。

結構ニッチなキーワードも狙ったりするので、ウマイこと検索結果に引っ掛からないと、そんなもんです。

だから「ウチは人気記事もあるんだからね!」と主張すべく、そこそこPVのある記事を何本か更新。

管理人
管理人

といっても、殆ど「累計」数千PV程度ですが・・・

アフィリエイト問題

アドセンスに落ちると貼りたくなるのが、アフィリエイト。

しかしアフィリエイトの掲載は審査に不利になるという報告もあり、外すべきか迷うところ。

私の場合、記事数の都合上、完全には外せませんでした。ですが、新規記事・更新記事にはほぼ掲載しませんでした。

  • 更新記事
     →アフィリエイトがある場合、削除
  • アフィリエイトが多い記事
     ⇒最近のPVが少なければ非公開

ある程度PVがある記事は、アフィリエイトがあろうが非公開にはしたくない。だから全削除ではなく「掲載割合を大幅に下げる」を意識しました。

アフィリエイト掲載が悪いのではなく、掲載ボリュームなんだと思います。

新規記事の投入

これは完全に感覚の話。元々コンテンツが充実していても、再申請時に新規記事(もちろん一定の質を意識した)を入れてみました。これは6回目の申請(合格)。

さほど関係ないでしょうが、何しろ審査基準がわからないので、少しでも合格率を高めるため、というところです。

個人的「再申請手順」のタイムライン

これら(実質)5回の非承認理由と合格時の状況から、私が思う「1度落ちたらチェックする流れ」はこちらです。

  • 【1】
    Adsense登録情報に問題はないか?

    Adsenseヘルプ「お申込みと有効化」をじっくり読んで、手順に漏れがないかチェック

  • 【2】
    サイトURLに問題はないか?

    有効なURL」の両パターンに該当するかチェック、していない場合は該当させる

  • 【3】
    【1】【2】が問題ない場合、コンテンツの再確認

    掲載画像も含め、可能な限り「オリジナルコンテンツ」を意識する


当たり前ですが、アドセンスは合格がゴールではなく、合格して広告を表示させてからがスタートです。

自信があるのに非承認になると、焦りが出ることもありますが、時間をかけて公式に沿ってサイト全体を見直していくのが、合格に一番近い道なんだと感じました。

以上、参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
ちゅる

食べること・文章を書くことが好き。30代女性。北海道。

周りの評価欲しさに仕事を頑張ったら、心身が壊れて20代が強制終了。

その経験から、頑張っても報われなかったのは「自分の思考」だと気づいた。

現在そんな「失って得た学び」や趣味に関する情報を発信中。

>>詳しくはコチラ

スポンサーリンク
とにかき。―とにかく何かに書きたいのです。

タイトルとURLをコピーしました